NEW

嵐「SMAP以上の晩節汚し」で解散も……メンバー不仲決定的でビジネスモデルの限界か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐「SMAP以上の晩節汚し」で解散も……メンバー不仲決定的でビジネスモデルの限界かの画像1

 

 2020年末での活動休止を発表し、先日二宮和也が一般女性との結婚も発表した嵐。

 ただ「週刊文春」(文藝春秋)が「二宮の結婚に他メンバーは猛反対」という記事を出し、嵐内での「不和」が取りざたされている状況だ。

 今年1月に活動休止発表をしたが、目立ったのは「5人の信頼と仲の良さ」「ファン視点」などであり、5人の結束の強さだった。メディアもその点を強く報じ、来る「大団円」に向かっていく計画は盤石だったといえよう。

 しかし、二宮の結婚と、それに伴う「松本潤、大野智の祝福メッセージなし」、そして今回の文春砲である。

 ここまで積み上げてきたイメージが崩れようとしている。これでは「アノ時」と一緒だ。

「SMAPの時も、最後にはメンバー間の亀裂が如実になり、決して後味がよくないままの解散となりました。最初の『解散する報道』の際にSMAPもテレビ番組内で謝罪しましたが、その時は黒のスーツ姿で表情も冴えず、非常に暗い印象でしたね。

 嵐は会見時も全員『私服姿』で、できる限り明るい雰囲気を保っていました。この雰囲気のまま、何とか来年末まで……という気持ちもジャニーズ事務所にはあったに違いありません。しかし、それも崩壊しかけています」(記者)

 これから約1年間、「実は仲のいいフリ」の嵐を見続けるのは、ファンとしては非常につらいかもしれない。ジャニーズ事務所もSMAPの一連の騒動から、だいぶ慎重にはなっていたのだろうが……。

 もはや「活動休止前倒し」までありそうだが……。

嵐「SMAP以上の晩節汚し」で解散も……メンバー不仲決定的でビジネスモデルの限界かのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!