NEW

パチンコ「名手」から「三冠王」が登場!? ヒットメーカー初(?)のシリーズに「期待と妄想」がふくらむ!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「名手」から「三冠王」が登場!? ヒットメーカー初(?)のシリーズに「期待と妄想」がふくらむ!!の画像1

『ルパン』シリーズでおなじみのパチンコメーカー・平和。最近でいえば『P烈火の炎3』や『P亜人』シリーズなど渋めの漫画版権による新台のリリースが続いている。

 特に『P亜人』はスタートに入った玉をヘソと電チューに振り分ける「トリプルポケット」を搭載するなど挑戦的なスペックでの登場となった。

 その「平和」や「挑戦的」といったキーワードから、平和のセカンドブランド『アムテックス』を連想するファンも多いだろう。このアムテックスも最近の行動は活発だ。

『Pホー助くん』や『キュインぱちんこ P南国育ちデカパトver.』といった人気シリーズの最新作を続々と発表。どちらも、それまでのシリーズの流れから新たなる道へと大きく舵を切った意欲作だ。まさに挑戦的なマシンである。

 そんなアムテックスから『Pホームランキング』なる機種が検定を通過したと遊技日本が報じた。いったいどんな機種なのか、興味は尽きないところだ。

 アムテックスといえば玉の動きを楽しめる系の機種を得意としているが、この『Pホームランキング』もその範疇なのだろうか。アムテックスで野球モノと来れば、どうしても羽根物の名機「ファインプレー」を想像してしまう。

 もちろん、前述したような『キュインぱちんこ P南国育ちデカパトver.』や『Pキャッツアイ~最高のお宝、頂きにあがります』、『P戦国乙女5』など普通のデジパチも発売しているが、これは近年の保通協適合試験対策としてなるべく多くの枠を確保するためにアムテックス名義になっているパターンも多い。

 本来のセカンドブランドとしての意義は、やはり羽根物や権利物、平和本体ではちょっとためらわれるようなチャレンジングスペックを出すためではないだろうか。

「権利物(Pホー助くん)→デジパチ(P南国育ち)の流れから次機種は羽根物? と思えなくもない。まあ、ほとんど願望に近い推測ですけどね(笑)」(パチンコライター)

 上記のような意見は多くの羽根物ファンも期待するところであろうが、ひとつ気になることがあったので調べてみたのだが、過去、平和・アムテックスから野球をモチーフにした台がリリースされたことがないのだ。

パチンコ「名手」から「三冠王」が登場!? ヒットメーカー初(?)のシリーズに「期待と妄想」がふくらむ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事