NEW

JRAジャパンC(G1)栗東から「ユーキャンスマイル絶好調」情報!? ルメールで参戦の「アノ馬」にも朗報が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内の強豪がひしめくジャパンカップ(G1)。そのレースに出走する栗東所属の馬たちの【耳寄りな情報】がもたらされた。今回はその情報をお届けしよう。

 調子をあげているユーキャンスマイル(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が一撃を狙う。

 今年のダイヤモンドS(G3)を勝つなどステイヤーとして見られていたが、秋には2000m戦の新潟記念(G3)を快勝。続く天皇賞・秋(G1)でも、上がり最速の脚を繰り出して3着のアエロリットとクビ差4着と好走するなど、この距離でも一線級と渡り合える実力があることを証明した。

「前走の内容を受けて陣営は、ジャパンCへの自信を深めたようです。スタッフは『1度叩いて馬体に張りが出た』と明かし、近2走で好走はしているものの本質的には2000mは短いと考えているようで『距離が延びる今回は競馬が組み立てやすいはず』と話していました。

 今回の鞍上は、ブエナビスタなどでジャパンCを3度制した経験を持つ岩田康誠騎手です。うまく馬群を捌いて渾身のイン突きを見せてもらいたいですね」(栗東関係者A)

 過去10年、天皇賞・秋で4着に入った馬は、ジャパンCで2勝、2着1回を記録している。ユーキャンスマイルも上位進出待ったナシ!?

 ムイトオブリガード(牡5歳、栗東・角田晃一厩舎)は、C.ルメール騎手を背にG1初勝利を狙う。

 昨年OP入りを果たし、今年は重賞を中心に出走。前半こそ重賞の壁に跳ね返されていたが、前走のアルゼンチン共和国杯(G2)で重賞初勝利を達成。好位につけて進むと、最後の直線で抜け出して優勝を果たした。

「昨年もアルゼンチン共和国杯で2着と好走していますし、今回の舞台となっている東京競馬場の2400mは向いているようですね。相手は強くなりますが、追い切りではいい動きを見せていましたよ。

 ルメール騎手が鞍上を務めてくれるのも好材料。このコンビは1年以上ぶりとなりますが、やってくれるはずです」(栗東関係者B)

 得意の舞台で躍進なるか。

JRAジャパンC(G1)栗東から「ユーキャンスマイル絶好調」情報!? ルメールで参戦の「アノ馬」にも朗報がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!