NEW

パチンコ小当りRUSHの「新たな方向性」……「アノ要素」が「進化を加速」させる!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ小当りRUSHの「新たな方向性」……「アノ要素」が「進化を加速」させる!!の画像1

 小当りRUSHの「新たな方向性」である。

 大都技研から登場したパチンコ『Pガンスリンガー ストラトス』は主に確変+小当りRUSHとなる『時空越境RUSH』によって出玉を増やすゲーム性となっている。その小当りRUSHは従来のモノとは一線を画す、非常に独特な仕様である。

 もちろん、基本となる「確変中、次の大当りを引くまでの間に小当りによって出玉が増える」ことに変わりはないが、通常の小当りRUSHは「毎回転のように小当りが頻発する」といった、小当り確率をあげた連続性によって少ない出玉でもプレイヤーに満足感を与えるような仕組みとなっている中、本機のそれは確率こそ低いものの一発の重量感を持たせることで小当りを大当りのレベルまで昇華させる取り組みがなされているのである。

 本機の小当り確率は約1/23.7。ほかの小当りRUSH機がほぼ1/1~1.2であることを考えると激辛である。下手をすれば小当り引かずにRUSHが終了してしまうのではないかといった不安を心配する向きもあろう。

 しかし、後述するが「然るべき処置」がなされているので、その懸念は杞憂である。

 さて、それほど小当り確率が低いのであれば肝心の出玉への期待感も相当に低くなるだろう。それも当然で、小当りRUSHといえばアタッカーが1秒ほどのわずかな時間に開放した瞬間に玉が1個、よくて2個入賞、それどころか玉が入らないことすらある。

 ところが、本機はそんな既成の概念を完全に打ち壊してくれる装置が搭載されている。それが10C(ジューシー)ユニットである。

 この10Cユニットは小当りするとアタッカー内で玉を貯留し、入賞球がある程度貯まったところでストッパーを開放し一気に入賞口へなだれ込ませるものとなっている。アタッカーはカウントではなく時間で制御されているが、おおむね最大となる10個を貯留することが可能だ。

 つまり、小当り1回で10カウント×15賞球、約150個の出玉を獲得できるのである。もう完全に「小当り」という範疇を超えたボリュームなのだ。

 また、この10Cユニットが発動するまでの流れと吐き出される出玉感はかなり爽快でクセになり、小当りへの渇望が沸き立つのである。

 本機の小当りRUSHの一撃性は理解してもらえたと思うが、問題はやはり頻度であろう。出玉力はあるものの小当り確率が約1/23.7ではめったに当たらない、小当りスルーで確変終了もありえるのではないかと。

パチンコ小当りRUSHの「新たな方向性」……「アノ要素」が「進化を加速」させる!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!