NEW

セクゾ中島健人「ゴチ卒業危機」紅白落選、キンプリ優先の踏んだり蹴ったり

【この記事のキーワード】

, ,

セクゾ中島健人「ゴチ卒業危機」紅白落選、キンプリ優先の踏んだり蹴ったりの画像1

 

 アイドルグループSexy Zone・中島健人が、現在レギュラー出演中のバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)において卒業危機に瀕している。

 中島が所属するSexy Zoneといえば先日「NHK紅白歌合戦」(NHK)の落選が決まったばかり。ファンの間では「ゴチで見れなくなるのは寂しい」と落胆する声から、「このままどんどんいなくなっていくんじゃ…」などと今後の活動まで心配する声が上がっているようだ。

 「Sexy Zoneは11年に結成・デビューし、13年から6年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場。18年には『24時間テレビ41』(日本テレビ系)のメインパーソナリティにも選ばれたジャニーズの人気グループです。

 しかしその活躍の裏で囁かれているのが、実際は不人気説。同じ事務所のKis-My-Ft2やジャニーズWESTのようにドームでのコンサートを開催することができず、ファンクラブ会員の数でも下回っています。ジャニーズファンの間では『事務所にゴリ押しされているだけのグループ』として認識されることが多いようです。

 彼らを特に可愛がっていたのが故・ジャニー喜多川氏で、中でもメンバーの佐藤勝利は『YOUは特別かっこいい』と絶賛するほどの〝スペオキ〟でした。喜多川氏が亡くなったことでその後ろ盾を失い、今後は事務所から推される機会も減ってゆくかもしれませんね(芸能誌ライター)

 数多くのスター候補を抱えるジャニーズ事務所には、他にも期待のグループがひしめいている。中でもSexy Zoneのライバルとなっているのが年齢やメンバーのキャラクターが比較的近いKing & Princeである。

「King & Princeは15年に結成し昨年デビューしたグループですが、そのまま『NHK紅白歌合戦』へ出場を果たし、今年も出場が決定しています。ファンクラブ会員数もデビュー8年のSexy Zoneをわずか数ヶ月で抜き、人気の差は開く一方。最近ではSexy Zoneに来た仕事の依頼まで『Sexy Zoneではなく、King & Princeを使ってほしい』と事務所が回答することもあるようで、プッシュされているのは明らかです。

 また、Sexy Zoneは副社長の滝沢秀明の覚えもよろしくありません。

 今年3月には3年間レギュラーを務めたラジオ番組『らじらー! サタデー』(NHKラジオ第1)も滝沢氏プロデュースのジャニーズJr.のユニット、SixTONES、Snow Man、Travis Japanの3グループにとって変わられてしまいました。滝沢氏は旧飯島派だったKis-My-Ft2のバックアップもしており、彼らが『NHK紅白歌合戦』に出場することを考えるとSexy Zoneはそのわりを食った可能性もありますね」(同)

 デビューからの快進撃から一転して冷遇の時代を迎えたSexy Zone。だが国民的グループにまで上り詰めたSMAPや嵐もデビュー当時は事務所内で冷遇されていた歴史がある。ここからの巻き返しに期待したいところだ。

セクゾ中島健人「ゴチ卒業危機」紅白落選、キンプリ優先の踏んだり蹴ったりのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!