NEW

JRAチャンピオンズC(G1)L.デットーリ騎手“同棲パワー”で自信たっぷり!? 8年ぶり来日も「ひとつ屋根の下」あの騎手が強力サポート

JRAチャンピオンズC(G1)L.デットーリ騎手“同棲パワー”で自信たっぷり!? 8年ぶり来日も「ひとつ屋根の下」あの騎手が強力サポートの画像1

 1日に中京競馬場で行われる今年のチャンピオンズC(G1)は、上位拮抗の大混戦と言われているが、そうなるとカギを握るのが「騎手」ということになる。

 現在は川田将雅騎手が「毎週ワールドオールスターのようなもの」と話している通り、世界中からトップジョッキーが集結。

 中でも、オメガパフューム(牡4歳、栗東・安田翔伍厩舎)に騎乗するイタリアのL.デットーリ騎手は、注目度No.1といえる伝説的ジョッキーだ。

 2002年には、日本でチャンピオンズCの前身となるジャパンCダートを制覇すると、その翌日に行われたジャパンCも勝利。日本を拠点にする武豊騎手らJRA騎手でさえ成し遂げていない2日連続JRA・G1制覇の偉業を難なく達成し、日本の競馬ファンの間でも“伝説”となっている。

「この年は東京競馬場が改修工事に入っていたため、中山での開催。当時はジャパンCダートが土曜、ジャパンCが日曜に行われており、デットーリ騎手は“ジャパンCウィーク”だけ乗りに来たスポット参戦でした。

それにもかかわらず、まずはイーグルカフェでジャパンCダートを勝つと、翌日にはイタリアのファルブラヴであっさりG1連勝。5番人気と9番人気での達成でしたから、そのインパクトは強烈でした。

他にも、シングスピールとアルカセットでジャパンCを3勝。その腕は、社台グループ総帥の吉田照哉氏をして『デットーリが騎乗すると、他の騎手より5馬身違う』と言わしめたほどでした。これまで世界中で制したG1は250を超えるなど、90年代、2000年代を彩った伝説的な騎手だと思います」(競馬記者)

 そんなデットーリ騎手だが、48歳を迎えた今年になっても、その手腕は衰えることを知らない。

 日本の競馬ファンにもお馴染みの世界女王エネイブルの主戦騎手を務めるなど、今年だけでG1・19勝を上げて、キャリアハイを更新中。8年ぶりの来日となったが、初日にいきなり2勝するなど、その腕に陰りは感じられない。

 そんなデットーリ騎手の日本騎乗を、プライベートで強力にバックアップしている「意外な存在」がいるという。

JRAチャンピオンズC(G1)L.デットーリ騎手“同棲パワー”で自信たっぷり!? 8年ぶり来日も「ひとつ屋根の下」あの騎手が強力サポートのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?