NEW

JRA「勢い本物」ヴェンジェンスの一撃は?問題は枠か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1日(日)に行われるチャンピオンズC(G1)。クリソベリル、オメガパフューム、ゴールドドリーム、さらにインティ、チュウワウィザードなど、G1馬たらが熾烈な争いを繰り広げると見られている。そんな中、上位に割って入ることが期待されている穴馬がヴェンジェンス(牡6歳、栗東・大根田裕之厩舎)だ。

 昨年まではパッとしなかったものの、今年のポラリスSと天保山Sで、OP戦2連勝を記録。プロキオンS(G3)では3着に終わったが、距離を伸ばした太秦S(OP)で2着と結果を残すと、みやこS(G3)では後方追走から、外を回って早めに進出すると、インティ、スマハマなど実績上位の馬を退けて優勝。重賞初制覇を飾っている。

「これまではダートスプリントを主戦場にしていましたが、距離延長が功を奏したのか、一気にその才能が花開いた感もありますね。前走で主戦の幸英明騎手は、約1年ぶりの勝利をあげました。レース後に『しっかりと賞金を加算できましたし、更に上を目指して一緒に頑張っていきたいです』と話しています。相手は強化されますが、気合いでは負けていないはずです」(競馬記者)

 幸騎手が騎乗した1週前追い切りでヴェンジェンスは坂路4F53秒7、ラスト12秒5。菊沢助手は「反応を確かめる程度でしたが順調」だと明かし、「ここ2走で距離にもある程度のメドはついた」と話している。

「中京競馬場では勝ちこそないものの、2走して2着1回、3着1回と馬券圏内を外してはいないので悪いイメージはないでしょうね。

 今回も頑張ってもらいところですが、ヴェンジェンスが入ったのは大外の8枠16番。過去10年、8枠で勝ったのは11年のトランセンドのみ。それ以外の年はこの枠の馬は馬券圏内にすら入っていません。展開に左右する脚質だけにこれは痛いのではないでしょうか? なにかこの逆境を打開する策があればいいのですが……」(競馬誌ライター)

 最悪の枠を引いてしまったヴェンジェンス。G1馬たちに一泡吹かせることができるのだろうか?

JRA「勢い本物」ヴェンジェンスの一撃は?問題は枠かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!