NEW

JRAチャンピオンズC(G1)栗東から「伏兵情報」多数襲来! 狙い目は勢い乗るアイツ?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1日(日)に中京競馬場で開催されるチャンピオンズC(G1)。今年は16頭がエントリーしたものの、美浦所属馬はサトノティターン1頭のみ。関西で行われることも影響しているのだろうが、改めて東西の差を感じさせられた。今回は前回に続き、栗東関係者が、こそっと教えてくれた出走馬の(秘)情報をお届けしよう。

 芝のG1馬タイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田国英厩舎)は、ダートでの復活を目指す。

 

JRAチャンピオンズC(G1)栗東から「伏兵情報」多数襲来! 狙い目は勢い乗るアイツ?の画像1

 2年前のホープフルS(G1)覇者だが、その後は鳴かず飛ばず。今年の夏からダートに転向すると初戦のエルムS(G3)6着、2戦目のシリウスS(G3)はC.ルメール騎手が騎乗するということもあり1番人気に支持されるも6着。ダートに慣れるまでしばらく時間を要するかと思いきや、武蔵野S(G3)で2着と好走。約2年ぶりに馬券圏内に入ってみせた。

「1週前に速い時計を出し、その時点で十分仕上がっていたみたいですね。最終は軽く流す程度でしたけど、動きは良かったです。

 中1週での出走となりますが、松田調教師は『問題ない状態で送り出せる』と胸を張り、直線が長く坂のある中京競馬場も『合っている』と前向きでしたよ」(栗東関係者F)

 悩める芝G1馬は、ダートでかつての輝きを取り戻すことができるだろうか。

 昨年2着のウェスタールンド(セ7歳、栗東・佐々木晶三厩舎)は、悲願のG1初制覇を狙う。

 昨年は最後方から上がり最速の末脚を見せ、勝ち馬ルヴァンスレーヴに次いで2着と好走。今年初戦となったアンタレスS(G3)は、1番人気に支持されるも4着。その後、蹄骨の骨折が判明し長期休養に入っていたが、みやこS(G3)で復帰。ここではC.スミヨン騎手を背に挑み、6番人気ながら3着に入った。調子は上向いていると見ていいだろう。

「前走は骨折明けにもかかわらず3着。陣営も『実力を再確認できた』と満足気でした。ひと叩きしたことで、稽古の動きも軽やかでした。

 ただ問題は鞍上。前走に引き続きスミヨン騎手が務めますが、今週の浦和記念(G2)でケイティブレイブに騎乗予定だったものの、急性腰椎症などを発症して回避。約3日間の全身及び局所安静を要すると診断されたといいます。なんとか間に合ってくれればいいのですが……」(栗東関係者D)

 頼りになる鞍上はトラブルを乗り越えられるか。

JRAチャンピオンズC(G1)栗東から「伏兵情報」多数襲来! 狙い目は勢い乗るアイツ?のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!