NEW

JRAアーモンドアイ香港C回避で「有馬記念」参戦!? 国枝調教師「出走したら、1番人気になる馬」可能性示唆も「ルメール問題」深刻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日、G1・6勝を誇る現役最強馬アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)が、予定されていた香港C(G1)を回避することがわかった。所属するシルクホースクラブがホームページで発表している。

 強豪が集った10月の天皇賞・秋(G1)を制し、改めて現役最強を証明したアーモンドアイ。今年、最後のレースは12月の香港Cが予定されていたが、遠征出発目前となる29日に熱発。翌日には平熱の範囲まで落ち着いたものの、大事を取って遠征を取りやめた。

「国枝調教師によると、獣医師の診断で『輸送で(熱発が)ぶり返す可能性がある』とのこと。もともとレース後には熱中症に近い症状を見せるなど、アーモンドアイは体温調整が上手ではない馬。陣営も大事を取らざるを得なかったのでは。

日本を代表する馬だけに残念ですが、症状が軽いものだったのは幸いですね」(競馬記者)

 ただ、そうなってくると注目されるのが、最強女王アーモンドアイの「今後」だ。場合によっては、あのレースの参戦の可能性もあるという。

「もし、すぐに調教を再開できるのであれば、年末の有馬記念(G1)は当然、視野に入ってくると思います。

2500mはアーモンドアイにとって最長の距離ですが、2400mを世界レコードで勝ってしまう馬だけに距離の心配はないでしょう。

今年の有馬記念は例年以上の好メンバーとなっているだけに、仮にアーモンドアイが参戦したら歴史的な一戦になりそうです」(同)

 今年の有馬記念はアーモンドアイに次ぐ評価を集めている女傑リスグラシューを筆頭に、ジャパンCを制したスワーヴリチャード、サートゥルナーリアやワールドプレミアといった3歳のクラシックホースも参戦を予定している。

 ここに女王アーモンドアイが参戦すれば、年末のグランプリが例年以上の注目を浴びることは間違いないだろう。

JRAアーモンドアイ香港C回避で「有馬記念」参戦!? 国枝調教師「出走したら、1番人気になる馬」可能性示唆も「ルメール問題」深刻のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!