NEW

「2歳戦は情報が命!ウーマンズハートVSリアアメリア」JRA 阪神ジュベナイルフィリーズの2強対決を揺るがす衝撃のナマ情報とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
来年の桜花賞馬候補が揃う阪神JF

 今週は令和初の2歳女王を決める注目の一戦、第71回阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が行われる。昨年はダノンファンタジーが勝利し、過去にはアパパネやブエナビスタ、そしてヒシアマゾンといった名馬が勝利してきたレース。来年の桜花賞を目指す素質馬が一同に会し、熱い戦いを繰り広げる。

 今年の注目はなんといっても新潟2歳ステークス(G3)を優勝したウーマンズハート、そしてアルテミスステークス(G3)を圧勝したリアアメリアだろう。ともに来年の桜花賞候補と高い評価を受けている2頭の初対決に、競馬ファンも競馬関係者もマスコミも注目。しかしこの時期の2歳G1は、デビューしてまだ数か月の馬たちが出走するレースであり、競走馬として未完成なため想定外のことも起こり得る。過去には断然人気馬の敗退で300万馬券が飛び出したこともあり、この2頭の決着にはならないかもしれない。

 逆に言えば馬券的妙味も高いレースといえよう。しかし「2歳戦は情報が命」という格言もあるほどで、競馬ファンがこのレースを的中させるには新鮮な情報が重要だ。なぜならまだデビューして一度や二度しか走ったことがない馬に関して、データというものは無いに等しいからである。データはあくまでもその馬の経験に基づくもの。ゆえに経験の浅い2歳戦はデータよりも情報の比重が高くなるのは当然だ。

 しかし多くの競馬ファンが参考にするスポーツ紙や競馬専門紙、あるいはインターネットのポータルサイトなどの情報は、はっきり言って鮮度のあるナマ情報とは言い難い。というのも競馬記者が東西のトレーニングセンターで入手する情報は、水曜や木曜の取材内容がほとんど。競走馬の状態を把握するのに重要なレース前日、あるいは当日の状況が反映されていない。さらに関係者にとってマスコミ向けの建前情報であり、決して本音ではないからである。

 その理由として挙げられるのは、仮に本気で勝てると自信がある人気薄馬の陣営が、それを大っぴらに公言したとすると、その馬は他の陣営からマークされ勝利するチャンスがなくなってしまうからである。つまりマスコミ向けに本音を語ることは、関係者にとってデメリットの方が大きい。

 ではどうすれば関係者の本音である「ナマ情報」を入手できるのか。結論はひとつしかない。競馬関係者と密接な関係にある本物の競馬関係者が入手する内部情報こそが、この2歳戦を的中させるのに最も重要なナマ情報なのである。そして実際にその情報を駆使し、2歳戦で多くの的中を連発しているプロフェッショナル集団がある、それが「シンクタンク」だ。

 シンクタンクは創業25年を迎えた業界老舗の競馬総合情報社。所属する競馬関係者は、JRA(日本中央競馬会)史上初の通算2000勝を達成した最高顧問の増沢末夫元騎手・調教師を筆頭に、無敗の名馬マルゼンスキーの主戦を務めた中野渡清一元騎手・調教師、名馬サクラスターオーを管理した平井雄二元調教師、武豊よりも早く史上初の全場重賞制覇を成し遂げた安田富男元騎手など、競馬界で輝かしい実績を残した人物がズラリ。これは名前を挙げられるメンバーだけで、その他にも競馬ファンなら名前を知っている大物が多数在籍しているという。

シンクタンクの平井元調教師

 そんな彼らだけが入手できる情報は圧巻だ。2歳重賞だけでも、万馬券的中のファンタジーSと小倉2歳Sを筆頭に、新潟2歳S、サウジアラビアRC、アルテミスS、デイリー杯2歳S、東京スポーツ杯2歳S、京都2歳Sとほとんどの2歳重賞を的中。さらに重賞以外にも多くの2歳戦でいくつもの高配当馬券を的中させている。

この実績が残せる背景には、平井雄二が率いる関係者集団「重賞メイン特捜部」の存在が大きい。競馬界の裏も表も知り尽くすメンバー達が、重賞の裏ネタ、裏情報、データ分析などをあらゆる角度からレースを検討。ここまで徹底して情報を突き詰めているのは、シンクタンク以外にないだろう。そんなシンクタンクが的中に手応えを感じている阪神JFは馬券的にも注目の一戦だ。

「キャリアの浅い2歳戦はデータなどで判断するのが難しく、情報が大事と考える関係者は少なくありません。ただし、この情報というのが、世間一般の方ではまず入手することができない関係者情報のことです。実際、2014年も2017年も弊社は人気馬に惑わされず関係者の本音を把握し、加えて人気薄馬の勝負情報によって好配当馬券を的中しました。阪神JFは難解な2歳戦ですが、確かな情報さえあればこれほど獲りやすいレースはありません。

 また、この週は香港国際競走があるため、短期免許で来ている外国人騎手だけでなく、ルメールなど上位騎手が不在になるため、ジョッキーの乗り替りが頻繁に起きます。その経緯、意図、思惑も馬券戦略において重要な要素となってきます。

 すでに今年も馬券の肝となるであろう情報をしっかりと把握済み。現段階ではハッキリは言えませんが、この馬が馬券に絡めば、5番人気レッドリヴェールが勝利して4万2130円的中となった2013年に匹敵、それ以上の配当が見込めるかもしれません。

この年は3連単400倍の万馬券をズバリ!

 我々にとってこの阪神JFは、過去10年で8度的中させ、その中には4本の万馬券的中もある超ドル箱重賞の1つ。そして現在6年連続的中となっており、その記録更新は目前でしょう。ぜひご期待いただければと思います」(シンクタンクのスタッフ)

 このコメントからもわかるように、シンクタンクは2歳戦に強く、中でも阪神JFは突出した実績と相性があるようだ。しかもマスコミの報道では堅い決着が見込まれているが、シンクタンクでは万馬券的中も見込めるほどの情報を入手しているという。彼らだけが入手できる情報とは何か、これは競馬ファンなら何が何でも入手したい。

 すると彼らはこの阪神JFで実施する特別イベントについて解説してくれた。なんと今回同社に無料登録をするだけで、阪神JFの最新ナマ情報を【G1特集】内の【データ多角分析】【戦略会議】などの特別コンテンツで平日から随時無料公開し、しかもレース当日には直前のナマ情報を反映した【阪神JFの情報馬5選】を特別に無料公開してくれるというのだ。競馬ファンであれば、これを利用しない手はない。

 さらにシンクタンクは、来週の朝日杯フューチュリティステークスも再来週の有馬記念も得意としており、今年もかなりの自信があるという。この阪神JFをきっかけに、残り1か月となった師走競馬はシンクタンクの情報で乗り切ろう。

CLICK→無料公開!【阪神JF・馬券候補の厳選5頭】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

「2歳戦は情報が命!ウーマンズハートVSリアアメリア」JRA 阪神ジュベナイルフィリーズの2強対決を揺るがす衝撃のナマ情報とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!