NEW

JRAチャンピオンズC(G1)は絶好調・武豊から「少点数」勝負! 先週「完全的中」の「有力ネタ」で挑む!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年は不甲斐ない結果が続いていた「現場情報至上主義・ジェームスT」ですが、先週のジャパンC(G1)で快心の的中。三連単「19850円」をゲットした。

「外す理由がない」と関係者がゴリ押しだったスワーヴリチャードが情報通りの好走で勝利を収める。相手に指名していたカレンブーケドール(5番人気)、ワグネリアンも馬券圏内を確保と狙い通りの展開で決着。「◎→〇→▲の三連単的中」という完璧な結果を残すことに成功した。

 この勢いに乗って連続的中を狙いたい。今週は、1日(日)に開催される秋のダート王決定戦チャンピオンズC(G1)で勝負。関係者より仕入れた「極秘ネタ」で完全攻略を狙いたいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、春のダート王インティ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)だ。

JRAチャンピオンズC(G1)は絶好調・武豊から「少点数」勝負! 先週「完全的中」の「有力ネタ」で挑む!!の画像1

 デビューから強烈なパフォーマンスを見せつけた本馬。約1年の休養を挟むことになったが、続くレースも10馬身差を付けるなど衝撃の走りを披露している。昇級戦となった観月橋Sは、「持ったまま」で5馬身差を付ける圧勝。続く東海Sでは人気に応え重賞初制覇を果たした。

 その勢いで臨んだフェブラリーSも、クビ差の接戦を制して勝利。7連勝でG1初制覇という偉業を達成している。その力がトップレベルであることは間違いないだろう。

 近3走は精彩を欠いているものの、15着に敗れた前走のみやこSに関しては4コーナーでの不利が影響していることは明白。度外視していい。今回は重賞勝ちを含む2戦2勝と好相性の舞台。鞍上を務める武豊騎手が好調な点も頼もしい。巻き返しは十分に可能だ。

「前走の敗因に関し陣営は『不利もあったけど、スタートから他馬と併せる形になって興奮してしまった』と分析。その上で『今回は癖を知り尽くした豊さんに戻る。得意な条件だし期待している』とココへの意気込みは高いよ。

状態に関しても『リラックスしている。予定通りの仕上がり』と納得の表情を浮かべている。『いい枠でロスなく運べそう』『メンバー的にも単騎逃げができそう。巻き返せるはず』と勝ち気な姿勢を崩さない。絶対に外せないね」(競馬関係者)

JRAチャンピオンズC(G1)は絶好調・武豊から「少点数」勝負! 先週「完全的中」の「有力ネタ」で挑む!!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!