NEW

チャンピオンズC(G1)クリソベリル断然「3歳馬」の理由!? 「今年の限り」あの“大穴馬”にもビッグな追い風が!

チャンピオンズC(G1)クリソベリル断然「3歳馬」の理由!? 「今年の限り」あの“大穴馬”にもビッグな追い風が!の画像1
クリソベリル JBISサーチより

 1日に行われるダート王決定戦チャンピオンズC(G1)。今年はゴールドドリーム、インティ、オメガパフューム、チュウワウィザードなど新旧ダート王が顔を揃え、非常に難解な大混戦となっている。

 それでも、最も人気を集めそうなのは無敗の3歳馬クリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)か。前日オッズ(土曜現在)も単勝3.5倍ながら、1番人気に推されている。

 ただ、ある記者はクリソベリルの「このオッズは、断然美味しい」というから驚きだ。

 確かに、昨年ルヴァンスレーヴがこのレースを制したように、決して3歳馬が通用しないレースではない。しかし、過去5年で馬券に絡んだ3歳馬は本馬と、2015年2着のノンコノユメのみ。残りの7頭は馬券にすら絡めずに惨敗している。複勝率22.2%は6歳、5歳のベテラン勢に押され気味だが……。

「例年、このレースで3歳馬が苦戦傾向にある最大の理由は『古馬との斤量差が1kgしかないから』と言われています。

しかし、今年はチャンピオンズC週の土日開催が11月に跨ることから、11月の斤量ルールで施行されるんですよ。したがって、昨年の3歳馬は56kgでしたが、今年は55kgで出走が可能。これは大きいですよ。

クリソベリルとルヴァンスレーヴ、どちらが上なのかは分かりませんが、少なくとも例年よりも1kg軽いのは非常に大きな追い風。3歳馬でもトップクラスであれば通用することは歴史が証明していますし、今年のクリソベリルなら、素直に“頭”で狙っていきたいですね」(競馬記者)

チャンピオンズC(G1)クリソベリル断然「3歳馬」の理由!? 「今年の限り」あの“大穴馬”にもビッグな追い風が!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール