NEW

チャンピオンズC(G1)クリソベリルが無敗の新王者!JRA G1・17連敗「『申し訳ない』と思っていた」川田将雅ついに今年G1制覇!

【この記事のキーワード】, , ,

チャンピオンズC(G1)クリソベリルが無敗の新王者!JRA G1・17連敗「『申し訳ない』と思っていた」川田将雅ついに今年G1制覇!の画像1

 この男らしく、ガッツポーズはなかった。

 1日、中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1)は、2番人気のクリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。鞍上の川田将雅騎手は、ようやく今年JRA・G1初勝利となった。

 新旧ダート王が激突したダート1800mのレース。好スタートを決めた武豊騎手のインティが宣言通りハナに立って主導権を奪うと、外から掛かり気味にテーオーエナジーが2番手。

 1000m通過は60.8秒と、例年よりも1秒ほど速いペース。レース後、川田騎手が「インティが(レース)運んでくれたので、その後ろを楽に獲れた」と振り返っている通りクリソベリルが、その直後。1番人気のゴールドドリームといった人気馬も、早めの競馬となった。

 インティが先頭のまま最後の直線に入ると、その直後からクリソベリルが抜け出しにかかる。やや前に出るにも戸惑っている、中からゴールドドリームが強襲。最後は3頭による激しい叩き合いとなったが、無敗の3歳王者がわずかに抜け出してゴールした。

「最後の直線で、前を行くインティが少し邪魔になったんですが、川田騎手は冷静でしたね。抜け出してからはゴールドドリームとの激しい叩き合い。今年、G1の舞台でC.ルメール騎手に散々やられている川田騎手だけに『またか!』と思いましたが、最後はクビ差だけ前に出ました。川田騎手としても溜まった鬱憤が晴れたのではないでしょうか」(競馬記者)

「たくさん人気馬に乗せて頂き、僕自身『申し訳ないな』と思っていました」

チャンピオンズC(G1)クリソベリルが無敗の新王者!JRA G1・17連敗「『申し訳ない』と思っていた」川田将雅ついに今年G1制覇!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか