NEW

香港C(G1)JRAウインブライト「アーモンドアイに代わり主役」松岡正海も太鼓判だが心配は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 香港のシャティン競馬場で、香港C、ヴァーズ、マイル、スプリントの4つのG1からなる香港国際競走が、8日に開催される。今年も海外G1制覇すべく、多くの日本馬が海を渡るが、中でも注目を集めているのが香港Cへの出走を予定しているウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)だ。

 今年は中山金杯(G3)、中山記念(G2)を連勝。満を持して初海外挑戦となるQE2世C(G1)へ向かった。レースでは中団で運ばれると、残り2Fで前が開いたと見るや、鋭く進出。コースレコードで優勝し、主戦の松岡正海騎手は渾身のガッツポーズを決めた。

 だがここからが続かない。国内復帰戦となったオールカマーでは、2番人気に支持されるも、最後の伸びを欠いて9着と大敗。そして天皇賞・秋(G1)でも見せ場なく8着と、結果を残せないでいた。

「夏の調整失敗が尾を引いたようです。OPクラスの競走馬は暑い時期は放牧、秋に帰厩することが大半。しかし、ウインブライトは春の香港遠征後に、一度放牧に出されたものの、陣営が早々と帰厩を決断。それ以後は美浦の厩舎の馬房にクーラーを取り付けるなど、工夫しながら調整されたそうです。

早くから秋に向けて備えたかったのかもしれませんけど、これが完全に裏目。松岡騎手もオールカマー後には『距離が長かったですね』などと言葉を濁していましたが、天皇賞・秋後には『これ以上ないという競馬はできた。状態が良ければ、もっと上位に食い込んでいたと思う』と調整失敗を嘆いていました。長らくその実力を評価して騎乗を続けていましたし、QE2世後は『目標は、あとG1を何個勝てるか』など話しているほど自信もあったみたいですから、よほど悔しかったのでしょうね」(競馬記者)

 秋3戦目は春に大金星をあげたときと同じ舞台で行われる香港C。Wコースで行われた国内最終追い切りで、ウインブライトは馬なりで5F70秒0、ラスト12秒2を記録。松岡騎手を背に軽やかな動きを見せた。松岡騎手も「スポニチ」の取材に「QE2世Cを勝った春と遜色ない感じ。前走とは出来が全然違う」と手応えがあったと語っている。

 同レースへの出走を予定していた最強牝馬アーモンドアイは、熱発があったため大事を取って遠征の回避を表明。だが同馬以外にも前哨戦のジョッキークラブカップ(G2)で2着に入ったフローレ、マッキノンステークス(G1)を勝ったマジックワンド、重賞で好走を続けるエディザなど、一筋縄ではいかないメンバーが出走を予定している。

 ウインブライトは香港の地で復活することができるのだろうか? 松岡騎手の渾身のガッツポーズを再び見たい。

香港C(G1)JRAウインブライト「アーモンドアイに代わり主役」松岡正海も太鼓判だが心配は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!