NEW

JRA阪神JF(G1)リアアメリア「求む!」ウーマンズハートと併せ馬!? 末脚自慢の激突に思い出される昨年「2強」の叩き合い

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週のチャンピンオンズCをクリソベリルで勝利し、JRAで開催された今年のG1の連敗を17で止めた川田将雅騎手。「たくさん人気馬に乗せて頂き、僕自身『申し訳ないな』と思っていた」とコメントしていた通り、これでやっと胸のつかえが取れたに違いない。

 そんな川田騎手が9日の阪神ジュベナイルF(G1)で騎乗するのが、超大物といわれるリアアメリア(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 中内田厩舎といえば2歳重賞に滅法強く、通算14戦8勝。勝率5割を超える驚異的な成績を残している。本レースは昨年のダノンファンタジーに続く連覇が懸かっている。

 その中内田厩舎が送り出すリアアメリアは、ここまで2戦2勝。デビュー戦から単勝1.2倍と極めて高い評価を得ていたが、馬なりのまま8馬身差で圧勝と、その期待に違わぬパフォーマンスを見せつけた。

 ただ、単勝1.3倍に推され「何馬身突き抜けるのか」と期待された前走のアルテミスS(G3)は、2着サンクテュエールに3/4馬身差と案外。ゴール前で楽に差し切ってはいるが、アーモンドアイのような「怪物」ではないのだろうか。

JRA阪神JF(G1)リアアメリア「求む!」ウーマンズハートと併せ馬!? 末脚自慢の激突に思い出される昨年「2強」の叩き合いのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!