NEW

JRA「オルフェーヴルと縁」スミヨン×ラッキーライラックが香港ヴァーズで世界の強豪を撃破?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 秋の女王決定戦・エリザベス女王杯(G1)を、C.スミヨン騎手を背に制したラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)。勢いそのまま、今度は香港ヴァーズ(G1)に向かい、海外G1制覇を狙う。

 阪神ジュベナイルF(G1)を石橋脩騎手とともに制し、翌年のクラシックでも期待されたものの、最強牝馬アーモンドアイの前に涙を飲んでいたラッキーライラック。今年になってからは始動戦の中山記念(G2)こそ2着だったものの、阪神牝馬S(G2)8着、ヴィクトリアマイル(G1)4着。秋初戦の府中牝馬S(G2)も3着に終わり、ついに陣営は乗り替わりを決断。前走のエリザベス女王杯は、スミヨン騎手が手綱を握ることになった。

 フランスのトップオブトップの騎手が騎乗したラッキーライラックは、3番人気に支持される。レースでは内枠を活かしてインをロスなく回ると、最後の直線で上がり最速32秒8の末脚で、逃げたクロコスミアを交わして優勝。約1年8カ月ぶりとなる勝利をあげていた。

 レース後、スミヨン騎手は「オルフェーヴルの子供という事で、この馬には縁を感じていました。あの時の無念を晴らせた思いもあり、良かったです」と父馬の凱旋門賞挑戦時のことに触れ、「4コーナーから直線、外に行こうと思っていたのですが、運良く内が開いたので、内を回って追うと、しっかり伸びてくれました」とレースを振り返った。

「待望のG1競走2勝目。その素質は早くから評価されていたものの、もどかしい競馬が続いていたため、エリザベス女王杯後に関係者の胸には万感の思いが去来したのではないでしょうか。

 今回に向けて、国内最終追い切りはCWコースを単走で5F72秒5、ラスト12秒2を記録。好調をキープしているようですし、香港でもその実力をフルに発揮してもらいたいですね」(競馬誌ライター)

 またJRAのリリースによれば、ラッキーライラックは現地では4日に追い切られ、丸内永舟調教助手が騎乗し、芝コースで6F78秒5、4F47秒0、2F21秒5を記録。丸内調教助手は「馬の状態も良いですし、芝も適度に弾力があって走りやすそうです」と語っているという。

 香港ヴァーズにはナッソーS(G1)を勝ったディアドラが、O.マーフィー騎手を背に出走。さらに雷神J.モレイラ騎手のグローリーヴェイズ、昨年の覇者エグザルタント、R.ムーア騎手が騎乗する今年の英ダービー馬アンソニーヴァンダイクなど、一筋縄では行かないメンバーが揃った。

 ラッキーライラックは香港の地でどのような走りを見せてくれるのだろうか? 再び、あの切れ味鋭い末脚を披露してもらいたい。

JRA「オルフェーヴルと縁」スミヨン×ラッキーライラックが香港ヴァーズで世界の強豪を撃破?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!