NEW

【JRA阪神JF】誰も書けないウーマンズハートVSリアアメリアの裏事情…。そして急浮上した第三の馬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リアアメリアの裏事情とは?

 JRAのダート王決定戦チャンピオンズカップ(G1)はクリソベリルが勝利。武豊のインティ、ルメールのゴールドドリームらを負かしたのだから、胸を張って現役最強ダート馬と言えるだろう。これでデビューから6戦無敗という完璧な成績、来年はドバイ遠征も視野に入れているという。新たなスターホースの誕生に競馬ファンもマスコミも大きく盛り上がっている。そして鞍上の川田将雅騎手は今年JRAで初めてのG1レース勝利。惜敗が続いていただけに、今週の阪神ジュベナイルフィリーズ、そして来週の朝日杯フューチュリティステークスや年末の有馬記念と続く大一番に勢いをつけるだろう。

 さて、週末の日曜日に行われる今週のG1レースは、2歳牝馬の頂上決戦である阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)だ。昨年は川田騎手鞍上のダノンファンタジーが勝利したが、今年も川田騎手は最有力馬であるリアアメリアに騎乗する。同馬はアーモンドアイを生産したノーザンファームの期待馬で、デビュー前から来年の桜花賞候補と評価されていた。さらにダノンファンタジーと同じディープインパクト産駒で、アーモンドアイと同じクラブ馬主シルクレーシングがオーナー。「素質はアーモンドアイ級」「来年の桜花賞はこの馬で決まり」といったコメントがネット上を飛び交っているが、果たしてその実力はいかほどのものであろうか。

 デビュー戦は川田騎手がわざと出遅れさせ、後ろからの競馬を練習させて直線だけで2着に8馬身の差をつけた。続く約4ヶ月半のぶりのレースとなった2戦目の重賞アルテミスステークス(G3)は、プラス20キロと大幅な馬体増でレースも折り合いを欠いていたが、結局は素質の違いを見せて快勝。どんな競馬もできるタイプで、そして距離の1600mも気性的にベストの印象。2戦ともに上がり最速の豪脚を披露しており、まさに注目の一頭である。

 対するウーマンズハートもリアアメリアと同じ2戦2勝の無敗馬。左回りの新潟1600mを2連勝しているが、デビュー戦そして前走の重賞新潟2歳ステークス(G3)でともに上がり32秒台の脚を披露しての勝利。こちらはハーツクライ産駒であるが、スワーヴリチャードがジャパンカップを勝つなど同産駒はこの秋勢いに乗っている。懸念は鞍上が短期免許で来日中のビュイックに乗り替わりとなること。そして8月以来のレースというのも引っ掛かるが、そこは百戦錬磨の西浦厩舎、最優秀2歳牝馬を狙ってキッチリ仕上げてくるであろう。

ファンタジーSも波乱となるなど2歳戦は難解だ

 しかしこの阪神ジュベナイルフィリーズには、表に出ない様々な内部事情があるという。ウーマンズハートが8月以来のレースとなった内情、リアアメリア陣営が抱える不安要素など…。一般マスコミでは入手できず、当然記事にできない各馬の裏事情があるという。というのも2歳戦は、このレースを勝てばJRA賞の最優秀2歳牝馬がほぼ確定するだけに、様々な関係者の思惑が関わっているとのこと。それだけにその内部事情を把握するのが、馬券の的中にもつながる重要な要素であろう。そこでこのレースを的中させたい競馬ファンに、

「ウーマンズハートとリアアメリアの最新裏事情、そしてこの2頭を負かすほどの可能性を秘めた馬」

 も【無料】で入手するチャンスができたのでお伝えしたい。今週特別にその情報を教えてくれるのが、JRAの元騎手や調教師という最強の競馬プロフェッショナル集団が所属する「シンクタンク」だ。

 シンクタンクといえば創業25年と業界老舗の競馬総合情報社。名馬ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元JRA調教師・元JRA騎手を筆頭に、史上最強とも呼び声が高いマルゼンスキーの中野渡清一元JRA調教師、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元JRA調教師、さらにサクラ軍団で知られる境征勝元JRA調教師、ベテラン騎手からも若手騎手からも慕われる元JRA騎手の安田富男らが在籍。さらに名前を出せない競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍しており、日々膨大な関係者情報が現場から届けられているという。そして同社は熱狂的なユーザーが多いことでも知られている。実際にレース当日の同社はかなりの熱気に包まれているが、その多くは的中御礼の連絡やその対処だ。

シンクタンクの中野渡元JRA調教師

 最近の的中実績も申し分ない。先週もチャンピオンズカップを筆頭に万馬券などを当然の如く的中。さらに阪神JFの前哨戦ともいえる2歳戦に関しても、重賞だけでファンタジーS、小倉2歳S、新潟2歳S、サウジアラビアRC、アルテミスS、デイリー杯2歳S、東京スポーツ杯2歳Sと万馬券だろうが荒れようが、ほとんどの2歳重賞を的中させている。

 そんな彼らが無料で教えてくれる阪神ジュベナイルフィリーズの無料情報。その内容はとにかく圧巻だ。

「ともに圧勝で無敗の重賞勝ち馬だけに、リアアメリアとウーマンズハートに注目が集まるのは当然でしょう。しかしこれはちょっと過剰すぎですね。2頭とも素質が高いのは間違いありませんが、不安要素があるのも事実。そのあたりは陣営もマスコミに明かすような愚は犯しませんが、我々はすべてを把握済みです。その内容を聞けば、馬券的にも大きな影響を与えるレベルのものです。

 そして注目すべきは別の勝負馬の存在です。2歳重賞ならではの波乱要素となるべき穴馬。はっきり言って、このレースの肝となるのは第3の馬の存在です。現段階では公開ストップがかかっており、詳細を明かせませんが、馬券に絡めばかなりの高配当になることが期待できますよ。

 阪神JFは過去に4万馬券を的中させるなど、過去10年で8度的中と好相性のレース。言い換えればこの時期の2歳戦は情報力が活きる我々の独壇場ともいえるでしょう。もちろん今年も好結果をお届けできる準備は整いました。今回は異例の企画となりますが、ぜひこの無料情報を活用して馬券を購入していただければと思います

 このコメントからも彼らが相当な手応えを感じていることが分かる。それだけに、この【無料情報】を活用せずに阪神JFの馬券を購入するのは有り得ないといっていい。この機会をしっかり活用し、本物の競馬情報の凄さを体験しよう。そしてシンクタンクが得意とする、来週の朝日杯フューチュリティステークスと有馬記念、さらにホープフルステークス、年明けの金杯など年末年始の競馬で勝ち組となるためにも、彼らが持つ本物の情報は必見だ。
CLICK→無料公開!【阪神ジュベナイルフィリーズ 厳選5頭】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

【JRA阪神JF】誰も書けないウーマンズハートVSリアアメリアの裏事情…。そして急浮上した第三の馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!