NEW

有馬記念(G1)アーモンドアイ「鞍上」L.デットーリ急浮上!? 「アーモンドアイに乗りたい」“発言”現実味も「アノ大物」回避で一件落着か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国枝栄調教師が「気を引き締め、使う方向で調整を進めている」とコメントしたことで、一気に有馬記念(G1)出走の可能性が高まってきたアーモンドアイ(牝4歳、 美浦・国枝栄厩舎)。

 すでにリスグラシューなど、例年以上の豪華メンバーが集う年末グランプリだけに、アーモンドアイ出走でさらに期待が膨らむところ。

 だが、その上で最大の問題となっているのが「鞍上問題」だ。

「現状、有力騎手はほとんど騎乗馬が決まっている状況。アーモンドアイの主戦のC.ルメール騎手もフィエールマンに騎乗予定です。

仮にアーモンドアイが乗り替わるとすれば外国人騎手が濃厚ですが、D.レーン騎手はリスグラシュー、C.スミヨン騎手はサートゥルナーリア、O.マーフィー騎手はスワーヴリチャード、R.ムーア騎手がキセキ、W.ビュイック騎手がレイデオロと埋まっている状況です。もし有力騎手に折り合いがつかないようなら、アーモンドアイは出走しない可能性もあります」(競馬記者)

 仮に出走すれば1番人気確実のアーモンドアイだけに、その「鞍上」には大きな注目が集まっている。そこで、ここに来て一気に浮上してきたのが、あの「超大物騎手」とのコンビ結成だ。

「L.デットーリ騎手が来日した際に『有馬記念でアーモンドアイに乗りたい』と話していたんですよね。先週に、とりあえずの短期免許の期間が終了。すでに日本を離れていますが、今週末は香港国際競走に参戦するため、その気になれば、すぐに戻って来られる距離です。

当時はリップサービス程度の雰囲気でしたが、こうして現実味が出てきた以上、本人が“色気”を持っても不思議ではないと思います」(競馬記者)

 仮にもしアーモンドアイ×デットーリ騎手のコンビ結成となれば、大きな注目を集めることは確実。来年、アーモンドアイとの対戦が望まれている世界女王エネイブルの主戦騎手とのタッグなら、勝っても負けても競馬史の1ページを飾ることになるだろう。

 だが、その一方で冷静な見解もある。

有馬記念(G1)アーモンドアイ「鞍上」L.デットーリ急浮上!? 「アーモンドアイに乗りたい」“発言”現実味も「アノ大物」回避で一件落着かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!