NEW

パチスロ6号機初の「4thリール」マシン! 初当りの期待出玉は「1100枚」!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機初の「4thリール」マシン! 初当りの期待出玉は「1100枚」!!の画像1


 積極的にパチスロ6号機を製作し続ける平和グループ。12月吉日にはパチスロ6号機史上最速ともいえる1G純増約9枚の疑似ボーナスマシン『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』をリリースしたばかりだが、早くも次作の概要が解禁され、業界内で話題を集めている。

 2020年1月20日の発売を予定しているアムテックスの『花伝』は、6号機初の4thリールを搭載。4thリールは演出用リールではなく自ら停止させるタイプで、ストップボタンが4つあることにパチスロ歴の浅いユーザーは驚くことだろうが、さらに我々を驚かせているのが「初当りの約90%で約1100枚を獲得できる」という点だ。

 初当り時は、まず花伝絵柄揃いから1G純増約6.2枚のAT「五光降臨」がスタートする。この五光降臨は24択のベルナビ20回で約220枚のコイン獲得が可能だが、出玉増加のポイントは消化後に突入する30Gの「こいこいタイム」。

 この間は約3.6分の1という超高確率でベルナビ10回=約110枚の「乱舞ボーナス」抽選が行われるので、小気味良いボーナス連打で瞬く間にコインを増やすことができる。

 乱舞ボーナス中はレバーONで予告音が発生すればチャンス役成立濃厚で、次ゲームでの「猪鹿蝶ランプ」点灯で1G連ストックが確定する模様。乱舞ボーナス終了後のBETランプで「五光ランプ」が赤く光ればこいこいタイムが30G延長される…といった激アツパターンもあるようだ。

 五光降臨の主な当選契機はチャンス役直撃、CZ「猪鹿蝶チャンス」の2つで、チャンス役直撃当選時はリール下の7セグが前兆演出を経た後に数字が4つ揃い。CZへはゾロ目+「H」停止で突入し、8G間は高確率で4つ揃いに期待できる。

 CZ当選率は概ね98分の1。当選契機はチャンス役をメインとする全役及び100G周期での抽選で、ループ性能も兼ね備えている。

 初当りを射止めれば約1100枚が見込めるだけに、その初当り当選率はそこそこ重いと考えられる。

 各種大当り時はレバーON「キュイン」の音と共にパトライトが回転→自動入賞することから誰しも楽しめるマシンではあるが、はたしてライトユーザーには受け入れられるのか。パチスロ6号機の新たな可能性を秘めているだけに、その点にも注目したいところだ。

パチスロ6号機初の「4thリール」マシン! 初当りの期待出玉は「1100枚」!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!