NEW

JRA阪神JF(G1)武豊ヤマカツマーメイド期待大? 栗東から有力情報入手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)。2歳女王決定戦がいよいよ幕を開けようとしている。そこで今回は、栗東関係者たちから寄せられた出走馬の耳寄りな情報をお届けしよう。

 武豊騎手が騎乗するヤマカツマーメイド(牝2歳、栗東・池添兼雄厩舎)に熱視線が送られている。

 3戦目の2歳未勝利(芝1500m)で勝ち上がり。続くりんどう賞(1勝クラス)を出遅れながらも勝利。重賞初挑戦となったファンタジーS(G3)では4着に入ってみせた。

「稽古では全体的にいい動きを見せてくれました。牝馬にしてはカイ食いもよく、馬体も減らないので、きっちり攻め馬ができるみたいですね

 これまでマイルの経験はありませんが、池添兼調教師は、『1400mより1600mの方がいい』と距離延長に自信をのぞかせていました。あとは武豊騎手がどう運ぶか、でしょうね」(栗東関係者A)

 距離延長で才能が開花するか?

 デビュー前から評価の高かったレシステンシア(牝2歳、栗東・松下武士厩舎)。

 2歳新馬戦(芝1400m)を勝利するとファンタジーS(G3)に挑戦。2番手で運ばれ、最後の直線で先頭に立つとそのまま押し切り勝ち。後続を抑えて見事に重賞初制覇を達成した。

「前回で速い流れを経験していますし、すでに3戦目なのでダイワメジャー産駒の特徴である前に出ようとする感じが強くなっています。この舞台はテンが速くならないことも多いので、折り合いの不安があります。マイルよりスプリント向きな気がするので、なおさらです」(栗東関係者C)

 少々、分が悪いか?

JRA阪神JF(G1)武豊ヤマカツマーメイド期待大? 栗東から有力情報入手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!