NEW

JRA阪神JF(G1)武豊ヤマカツマーメイド期待大? 栗東から有力情報入手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キズナ産駒のクリスティ(牝2歳、栗東・杉山晴紀厩舎)は上位をうかがう。

 新馬戦(芝1600m)は2着に終わったが、2歳未勝利戦(芝1800m)は2着に3馬身差をつけて圧勝。アイビーS(L)に駒を進めた。ここでは好位につけるも、勝ち馬ワーケアに3馬身差をつけられて2着に終わっている。

「前走は直線で外に切り替えるロスがありつつも2着。勝ち馬ワーケアも相当な評判馬ですし、それに食い下がれたのだから、力は持っていると見ていいでしょう。

 1週前の追い切りでしっかりと負荷をかけたので、最終は4F57秒5、ラスト12秒3で終い重点の稽古。杉山調教師は『非常にリラックスしていい感じ』と明かし、『マイルの方が競馬はしやすい』と前向きに話してくれました」(栗東関係者C)

 一撃なるか。

 ロータスランド(牝2歳、栗東・角居勝彦厩舎)は虎視眈々と牙を研ぐ。

 新馬戦(芝1600m)勝利後は、牡牝混合のもみじS(OP)へ。好位追走から一度は抜け出して先頭に立つも、ラウダシオンに交わされて2着に終わっている。

「放牧から帰厩後は少し緩みもありました。ただコース追いでスイッチが入ったので、臨戦態勢に突入しているようです。陣営は『センスの良さは目をみはる』と明かしていました。実戦でも生かしてほしいところ」(栗東関係者D)

 来年のクラシックを占う大一番・阪神JF。今年はどの馬が女王になるのだろうか? 発走は15時40分を予定している。

JRA阪神JF(G1)武豊ヤマカツマーメイド期待大? 栗東から有力情報入手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!