Business Journal >  > 競馬 > 朝日杯FS(G1)展望  > 2ページ目
NEW

【朝日杯FS(G1)展望】JRA「G1完全制覇」目指す武豊VS大本命サリオス! 2歳王者決定戦で未来の一流マイラーが激突!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そんな武豊騎手が重賞初制覇に導いたのが、デイリー杯2歳S(G2)の覇者レッドベルジュール(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 1800mのデビュー戦は、逃げたメイショウボサツとの一騎打ちを制してクビ差勝ち。ただ、3着以下は5馬身以上突き放していた。

 そんなデビュー戦の内容もあって、重賞初挑戦となった前走のデイリー杯2歳Sは3番人気の支持を集めたレッドベルジュール。レースは出遅れて後方からの競馬となったが、武豊騎手の1枠1番の絶好枠を活かしたイン差しが見事にハマり優勝。一気に朝日杯フューチュリティSの有力馬に浮上した。今回、武豊騎手はタイセイビジョンとのコンビを組むが、こちらもC.スミヨン騎手と鞍上は強力だ。

 ゲートに課題があるものの、一瞬のキレが魅力的なラウダシオン(牡2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)にもチャンスがありそうだ。

 デビュー戦を快勝して挑んだ小倉2歳S(G3)だったが、スタートで出遅れて3着に敗れたラウダシオン。前走のもみじS(OP)も案の定、ゲートで後手を踏んだが、最後の直線では中団から一気に突き抜けた末脚には目を見張るものがあった。不良馬場、重馬場で実績があるだけに、馬場が渋ればますます面白い存在になる。鞍上のC.ルメール騎手も当然、不気味だ。

 鞍上が魅力という意味では、O.マーフィー騎手が騎乗するペールエール(牡2歳、栗東・安田隆行厩舎)も怖い1頭だ。

 ここまで新潟2歳S(G3)2着、デイリー杯2歳S・3着という安定感が光るペールエール。だが、新潟2歳Sではウーマンズハートの非凡な末脚に、デイリー杯2歳Sではレッドベルジュールに上手く内を救われるなど、情状酌量の余地はある。安定感が光る分、あと一押しが足りないが、マーフィー騎手なら、そこを補ってくれるはずだ。

 他にも函館2歳Sの覇者ビアンフェ、セレクトセールで1億2000万円の値がついた良血ジュンライトボルト、デイリー杯2歳Sで2着のウイングレイテスト、小倉2歳Sで2着のトリプルエースなどがスタンバイ。

 大本命になりそうなサリオスが中心ながら、キャリアの浅い2歳戦だけに“下剋上”の可能性も十分。一流マイラーへの登竜門・朝日杯フューチュリティSは15日に阪神競馬場で行われる。

【朝日杯FS(G1)展望】JRA「G1完全制覇」目指す武豊VS大本命サリオス! 2歳王者決定戦で未来の一流マイラーが激突!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!