NEW

JRA福永祐一「騎乗停止」も“怪我の功名”でG1ゲット!? ホープフルS(G1)大本命コントレイルとのコンビ決定!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「福永騎手は、本来なら東京スポーツ杯2歳Sへ主戦を務める友道康夫厩舎のラインベックで出走する予定でした。しかし、その直前に騎乗停止に……。

池添謙一騎手でマイルCS(G1)を勝ったインディチャンプや、ジャパンC(G1)で2番人気だったワグネリアンなどに乗れないことが話題になりましたが、W.ビュイック騎手とのコンビで東京スポーツ杯2歳Sに出走したラインベックも、その一頭だったわけです」(競馬記者)

 だが、冒頭で述べた通り東京スポーツ杯2歳Sはコントレイルがレコードで圧勝。ラインベックは3着だったが、ビュイック騎手が「勝ち馬にあの競馬をされてしまったら、どうしようもありません」とコメントした通り、コントレイルとは約9馬身差という絶望的な差をつけられての完敗だった。

「その後、ラインベックは岩田康誠騎手との新コンビでホープフルS参戦が決まりました。ですが、もし東京スポーツ杯2歳Sで、そのまま福永騎手が騎乗していれば、おそらくコンビ継続のままだったと思います。

そう考えると、福永騎手にとって騎乗停止は残念でしたが、怪我の功名といえるんじゃないでしょうか」(同)

 デビュー戦でコントレイルの手綱を執った福永騎手は、レース後「センスがいい。言うことがない」と手放しで絶賛。それだけにラインベックとのコンビを解消されてしまった本騎手にとっても、大きな朗報に違いない。あとは来年のクラシックへ向け、結果を残すだけだ。

JRA福永祐一「騎乗停止」も“怪我の功名”でG1ゲット!? ホープフルS(G1)大本命コントレイルとのコンビ決定!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!