NEW

JRA「死去」近藤利一さんに捧げるアドマイヤマーズ復活! 18年ぶり「4戦3勝」香港に吹き荒れた日本旋風!【香港国際競走・総括回顧】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 続く、香港Cは直前までアーモンドアイが出走の意思を示していた影響もあって、8頭立ての少頭数。春の香港クイーンエリザベス2世C(G1)をレコードで制した、日本のウインブライトが1番人気に推された。2番人気には世界で転戦を続けるマジックワンド、地元香港勢は脇役に甘んじている。

 レースはタイムワープが逃げる形で、グロリアスフォーエバーと香港勢が先団を形成。それらを見るような形でウインブライトとマジックワンドの人気勢が好位をキープした。最後の直線ではウインブライトとマジックワンドの叩き合い。最後にウインブライトがしっかりと残して、レースを制している。

「ウインブライトは思ったよりペースが上がらず、最後は瞬発力勝負になって苦しくなったんですが、力強い伸びでした。マジックワンドを抑えての優勝は価値がありますよ。これでウインブライトは春のクイーンエリザベス2世Cに続く、香港連勝。来年が楽しみです」(同)

 結果的に、この日は香港ヴァーズのグローリーヴェイズ、香港マイルのアドマイヤマーズ、そして香港Cのウインブライトと日本馬が4レース中3レースで優勝。これは2001年以来、18年ぶりの快挙だ。ウインブライトの松岡正海騎手の言葉を借りるなら「ジャパニーズ・デイ」となった。

JRA「死去」近藤利一さんに捧げるアドマイヤマーズ復活! 18年ぶり「4戦3勝」香港に吹き荒れた日本旋風!【香港国際競走・総括回顧】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!