NEW

JRA武豊「最後は羽が生えているよう」キャリア50戦目に初G1制覇! 香港国際競走を日本色に染めた18年前を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8日、香港シャティン競馬場で行われた香港国際競走は、開催された4つのG1レースで、日本馬が3勝を上げる快挙を成し遂げた。

 香港ヴァーズ(G1)を制しG1初制覇を飾ったグローリーヴェイズ、香港マイル(G1)で亡き近藤利一オーナーに勝利を捧げたアドマイヤマーズ、そして香港C(G1)を勝ち、アーモンドアイ不在でも日本競馬の層の厚さを証明したウインブライト……。香港国際競走3勝は2001年以来、18年ぶりの歴史的快挙となった。

 今回は、その2001年の香港国際競走にスポットを当ててみたい。あの時代も、今に負けない素晴らしい名馬たちがいた。

 香港ヴァーズに挑んだステイゴールドは、キャリア50戦目にして引退レースに挑んでいた。クラシック出走に手が届かなかった奥手が翌年、古馬になってダイヤモンドS(G3)2着でオープン入り。同年の天皇賞・春(G1)でも2着するなど、その後「一流ロード」を歩んでいくのかと思われたが……。

「とにかく勝ち味に遅い馬でしたね。4歳時には天皇賞・春の他、宝塚記念と天皇賞・秋も2着でした。これだけの実力があれば、最低でも重賞くらいは勝てそうなものですが、とにかく勝てそうで勝てない。それだけにファンの多い馬でもありました」(競馬記者)

その後、ステイゴールドが重賞初制覇を飾ったのは6歳の春。武豊騎手と久々のコンビを組んで目黒記念(G2)を勝利している。なお、重賞未勝利馬にもかかわらず、ステイゴールドはトップハンデの58kgだった。

 その翌年、つまり7歳のシーズン。ステイゴールドは、ついに本格化の時を迎えた。

JRA武豊「最後は羽が生えているよう」キャリア50戦目に初G1制覇! 香港国際競走を日本色に染めた18年前を振り返るのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!