Business Journal >  > 競馬 > 香港国際競走18年前  > 2ページ目
NEW

JRA武豊「最後は羽が生えているよう」キャリア50戦目に初G1制覇! 香港国際競走を日本色に染めた18年前を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月の日経新春杯(G2)重賞2勝目を飾ると、初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(当時G2)を連勝。当時の強豪ファンタスティックライトを破ったことで、一躍世界に注目される存在になった。鞍上は、やはり武豊騎手だ。

 そして引退レースとなった香港ヴァーズ。1番人気で本番を迎えたステイゴールドだったが、逃げたエクラールが完璧なレース運び。直線に入った頃には、後続に5馬身以上の差をつけており、誰もがL.デットーリ騎手の“マジック”がさく裂すると思っていた。

「最後は羽が生えているようでした」

 レース後、武豊騎手がそう振り返った言葉がすべてだった。残り400mとなったところで勝ち味に遅いはずのステイゴールドが、これまで見せたこともない豪脚で迫る。エクラールも最後まで粘りを見せたが、アタマ差捉えたところがゴールだった。

 キャリア50戦目にして、ついにG1制覇を成し遂げたステイゴールドはそのまま引退し、種牡馬入り。当時、数多くの後継種牡馬に恵まれていたサンデーサイレンスの産駒だったため、決して評価は高くなかったが、今年の香港Cを勝ったウインブライトを始め、現役最強障害馬のオジュウチョウサン、三冠馬オルフェーヴルなど、個性的な名馬を数多く輩出。

 今年、亡くなったディープインパクトと並ぶ、日本を代表する種牡馬として2015年に他界している。

JRA武豊「最後は羽が生えているよう」キャリア50戦目に初G1制覇! 香港国際競走を日本色に染めた18年前を振り返るのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!