NEW

パチンコ「本命」不在!? 大手メーカーは「回避」か……【年末年始商戦の見どころはココだ!】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「本命」不在!? 大手メーカーは「回避」か……【年末年始商戦の見どころはココだ!】の画像1

 

 年末年始商戦に異常あり!?

 毎年この季節になると年末年始にリリースされる「大物タイトル」が話題となり、喧々囂々あーでもないこーでもないとパチンコ好きの間で会話が弾み、わくわくしながら導入まで期待に胸を膨らませるものである。

 しかしながら今年あるいは来年の、いわゆる年末年始商戦に当てはまる機種にメジャータイトルと呼べる機種が少なく、例年よりは盛り上がりに欠ける印象である。

『ぱちんこ AKB48 ワン・ツー・スリー!! フェスティバル(AKB4)』『新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~(エヴァシト新)』『パチンコPひぐらしのなく頃に~廻~(ひぐらし廻)』とパチンコ界やメーカーを代表するようなマシンがラインアップされているとはいえ、寂しい感じは否めない。

 ただ、先に挙げた大物機種はスペックがどれも異なっているという点が興味深い。

『AKB4』は初代の神スペックを踏襲したライトミドル混合機。『エヴァ・シト新』は小当りRUSHのミドルタイプ確変ループ機。そして『ひぐらし廻』は、『AKB4』と同じ1種2種混合機ではあるが、「小当り転落」を搭載した新たなゲーム性のマシンとなっていて、まさに三種三様。単純なタイトル力や演出だけの人気争いとはならないだろう。

 また、そうした大本命のほか、『P一騎当千SS斬 孫策ver』(高尾)、『P貞子vs伽椰子 頂上決戦』(藤商事)、『Pフィーバーバイオハザードリベレーションズ2』(SANKYO)、『Pガラスの仮面』(西陣)といった中堅どころに対して、マイノリティの飛び道具が異質な存在感を示す要素も。

 それがコナミアミューズメントの『ミリオンヴィーナス』と豊丸『Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司』である。

 前者は役物メインの1種2種混合機。盤面を最大限に活用した巨大ルーレットで役物による物理抽選が特徴となっている。

 一方の豊丸はタイトルで一見キワモノ・ネタものの印象を与えるトリックスターである。上記大物機種がどれも飛び抜けたブレイクを果たせないまま、中間層を巻き込んだ混戦模様となり、意外にもこの2機種が市場をかき回し、番狂わせを巻き起こす可能性もなくはない。町男的には『ミリオンヴィーナス』が非情に気になるところでもある。

パチンコ「本命」不在!? 大手メーカーは「回避」か……【年末年始商戦の見どころはココだ!】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事