NEW

【JRA朝日杯FS】武豊、あの不名誉記録が遂にストップか!タイセイビジョンで33年目の悲願達成へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の朝日杯FSは波乱含み

 今週行われる朝日杯フューチュリティステークス(G1)は、サウジアラビアRC(G3)優勝馬サリオス、デイリー杯2歳S(G2)優勝馬レッドベルジュールなど豪華なメンバーが出走するが、注目は何といっても武豊だ。

 武豊はデビュー以来、まだこの朝日杯フューチュリティステークスを1度も勝利していない。これまで日本ダービー5勝、有馬記念3勝、海外のG1レースも8勝という素晴らしい成績を残しているにも関わらず、この朝日杯FSに関しては19回騎乗して2着が4回という不名誉な記録を残している。これまで騎乗した馬もフジキセキに負けたスキーキャプテンを筆頭に、アグネスワールド、エアスピネル、エイシンキャメロンなど蒼々たるメンバー。それだけの馬に乗っても勝てていないのだから、これぞ競馬界の七不思議の一つと言ってもいいだろう。

 今年50歳を迎えた武豊。もちろん本人はまだまだ元気いっぱいであろうが、歳を重ねるごとにチャンスが遠のくのも事実。それだけに悲願の朝日杯勝利へ特に力が入っているはず。今年騎乗するパートナーは、前走で京王杯2歳ステークス(G2)を勝利したタイセイビジョン。ここまでデビューして3戦2勝2着1回と安定した成績を残しており、前走騎乗したルメールから今回は武豊への乗り替わりとなった。実績馬だけにチャンスも大きいと思われるが、今年はなかなかの豪華メンバーが揃い混戦模様。さらに最強の外国人騎手集団が短期免許で来日しており、武豊の前に大きく立ちはだかっている。武豊とタイセイビジョンは勝てるのか、そして競馬ファンにとって重要な馬券はどうなるのか。朝日杯フューチュリティステークス出走馬の内情を完全に把握する最強の馬券師集団「暴露王」に話を聞いた。

 競馬予想といえばコンビニや駅の売店で見られるスポーツ紙や競馬専門紙、インターネット上の様々なサイトを思い浮かべる人もいるかもしれない。しかし競馬にとって最も重要である情報は、必ずしもそれらに記載されているものが全てではない。競馬関係者は勝利を目指すため、ライバルのヒントになる自らの騎乗作戦や本当の状態などをわざわざ外部には話さない。しかし表に出ないそういった情報が、馬券にとって重要なのは言うまでもない。

 しかしそんなマスコミも入手できない関係者の本音を入手する方法がある。それが現場と密接な関係にある、競馬関係者集団「暴露王」を利用することだ。暴露王は東西を代表する凄腕の現役ベテラン競馬記者達と極秘に提携。彼らが紙面には出さない関係者から入手した本当の情報を独占入手し、マスコミでは考えられないような的中を連発している。すでに今年も公約である年間300本の万馬券超えを達成しており、その実力は本物だ。

この秋も15万馬券的中など絶好調

 若手記者やサラリーマンばかりが集まる通常のマスコミでは入手できない本物の情報を入手できるのがこの暴露王であり、この暴露王が提供する情報が競馬ファンにとって最も必要な情報となろう。今週行われる朝日杯フューチュリティステークスは、そんな暴露王の情報力が発揮される最適な条件が揃った。

 なぜならこのレースはデータが通用しにくい2歳戦であり、現場の情報が最も活きるレースだからだ。そして暴露王は既にレースのカギを握る穴馬を把握しているという。その自信の根拠は前哨戦であるデイリー杯2歳Sの的中にあるという。

「朝日杯フューチュリティステークスに繋がる重要な前哨戦であるデイリー杯2歳Sは、7番人気ウイングレイテストから3連単9万4030円を的中。このレースは1番人気と2番人気が敗退して波乱となりましたが、暴露王は提携する凄腕の現役トラックマンを通じて、ジョッキーから各出走馬の手応えを聞いていました。さらに当日の馬場状況や直前の状態を把握し人気馬の不安情報も把握、自信をもって推奨できましたね。

これぞ完璧な9万馬券的中!

 今年の朝日杯は骨のあるメンバーが揃いましたが、キャリアも少なく何が勝つかすぐに分からないような横並びの一戦。だからこそ、大駆け態勢にあるのに人気にならない人気の盲点となる馬が鍵を握ります。その重要性はデイリー杯の的中で証明しましたが、それが今年の2歳戦の傾向なのです。とりわけ人気になりそうな素質上位馬の調子をどう見るかが馬券の分かれ道。暴露王は人気馬の買えない話も完全に把握していますし、今年も昨年同様に万馬券的中に自信はありありですよ。

 暴露王は万馬券を専門に狙っていますので、自信があるということは100倍以上の配当は大前提。しかも今年は人気の一角が飛ぶだけでも大きな波乱が期待できるでしょう。昨年の朝日杯でも単勝77.4倍の9番人気クリノガウディーを本命に3連単4万5180円、馬単1万4240円、3連複3340円の好配当を的中させましたが、それを上回る万馬券の的中も視野に入れています」(暴露王スタッフ)

 この話を聞けば、暴露王が朝日杯フューチュリティステークスにどれほどの自信を持っているか一目瞭然だ。そして今年も万馬券的中に破格の手応えを掴んでいるというのだから、これに乗らない手はないだろう。

 というのも、暴露王はこの朝日杯フューチュリティステークスにて、万馬券的中が狙える【最終買い目】を【完全無料】で公開してくれるというのだ(まだ暴露王を利用したことがない方に限ります)。凄腕のベテラン競馬記者が入手した渾身の情報と勝負買い目、それを無料で入手できるのだ。競馬ファンであれば絶対に利用すべきだろう。

 この朝日杯フューチュリティステークスは武豊が悲願の初勝利となるのか、それとも最強の外国人騎手集団が悲願を打ち砕くのか注目の一戦だが、競馬ファンにとっても【万馬券的中】が見込める重要な一戦。ここで財布を厚くし、来週の有馬記念(G1)や年末のホープフルステークス(G1)の資金を手に入れられるか。そのヒントは暴露王が握っている。絶対にこのチャンスを逃さず、打ち震えるほどの感動を手にしてもらいたい。

CLICK→無料公開!【朝日杯フューチュリティステークス「最終買い目」】暴露王

※本稿はPR記事です。

【JRA朝日杯FS】武豊、あの不名誉記録が遂にストップか!タイセイビジョンで33年目の悲願達成へ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!