NEW

JRA「強すぎウオッカ超え」レシステンシアの将来が恐ろしい……北村友一「まだポテンシャルを秘めている」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「強すぎウオッカ超え」レシステンシアの将来が恐ろしい……北村友一「まだポテンシャルを秘めている」の画像1

 8日(日)、阪神競馬場で行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)は、4番人気のレシステンシア(牝2歳、栗東・松下武士厩舎)が後続を5馬身突き放す圧勝。リアアメリア、ウーマンズハートら評判馬をねじ伏せ、見事に2歳王者に輝いた。

 4番人気に支持されていたレシステンシアは好スタートを決めてハナに立つ。3Fは33秒7のハイペースで主導権を握ると、そのまま先頭を譲らず、後続に1馬身差をつけて最後の直線を迎えた。ここから後続勢との熾烈な戦いが始まる……かと思いきや鞍上の北村友一騎手が合図を送ると、レシステンシアはさらに加速。上がり最速となる35秒2の脚で、グングンと差を広げ、悠々とゴール。2着とは5馬身差をつけ、06年後に64年ぶりに牝馬ながら日本ダービーを制したウオッカが記録した1分33秒1を0秒4更新する、2歳コースレコードを樹立している。

 騎乗した北村友騎手は、「結構なラップで行っていたので、右から左へと手前を替えて、終始フワフワ」、「手応えはあったのですが、少し半信半疑の手応え」などとまだ課題があると語り、「まだ荒削りな所はありますが、ここでも通用するスピードを見せてくれましたし、強い内容でした。まだポテンシャルを秘めていると思います」と、今後の成長に期待を寄せた。

JRA「強すぎウオッカ超え」レシステンシアの将来が恐ろしい……北村友一「まだポテンシャルを秘めている」の画像2

「逃げて道中10秒台や11秒前半のラップも出しながら、最後に上がり最速の末脚を発揮して後続を突き放し、ウオッカ超えのレコードを記録。絵に描いたような圧巻の内容で勝利を飾って、クラシックの最右翼に躍り出ましたね。これでまだ成長途上だというのだから、末恐ろしい存在です。

 今回、レシステンシアが歯牙にもかけなかったリアアメリア、ウーマンズハートは業界関係者たちから世代トップクラスと評されていました。とくにリアアメリアについては、『桜花賞はこの馬で決まりでしょ』なんて話す調教師もいたほどです。ダイワメジャー産駒ですので、距離の壁が今後は課題になる可能性はあるでしょうが、現時点では来年の桜花賞に最も近い存在だと考えていいのでは?」(競馬記者)

 ダイワメジャー産駒の牝馬といえば、阪神JFとNHKマイルCでG1競走2勝をあげたものの、故障に泣いたメジャーエンブレムがあげられる。しかし、現時点でウオッカ超えすらも果たしているレシステンシアは、その“最高傑作”すらも超える成績を残すポテンシャルを秘めているはずだ。

 壮大なスケールを感じさせるレシステンシア。これから、どれだけ偉大な記録を打ち立てることができるのだろうか? 来年のクラシックが今から楽しみだ。

JRA「強すぎウオッカ超え」レシステンシアの将来が恐ろしい……北村友一「まだポテンシャルを秘めている」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!