Business Journal >  > 競馬 > 年度代表馬決定戦  > 2ページ目
NEW

2019JRA年度代表馬決定戦:有馬記念。栄光を手にするのはアーモンドアイ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、フィエールマン?条件を徹底検証。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 上記のように国際レースを含めて2勝以上のG1実績が必要で、さらに香港のG1レースを勝利したロードカナロアとモーリスを除き中長距離路線で活躍した馬がほとんど。そういった経緯を見ても、現時点で年度代表馬候補を挙げると以下の7頭となる。

2019JRA年度代表馬決定戦:有馬記念。栄光を手にするのはアーモンドアイ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、フィエールマン?条件を徹底検証。の画像3

 

アーモンドアイ(ドバイターフ・天皇賞秋)

スワーヴリチャード(ジャパンカップ)

リスグラシュー(宝塚記念・コックスプレート)

フィエールマン(天皇賞春)

アルアイン(大阪杯)

ワールドプレミア(菊花賞)

サートゥルナーリア(皐月賞)

2019JRA年度代表馬決定戦:有馬記念。栄光を手にするのはアーモンドアイ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、フィエールマン?条件を徹底検証。の画像4

 

 この中でアーモンドアイとリスグラシューは海外のG1レースを勝利しているが、JRA賞は国内のG1レースに重きを置く傾向がある。となると答えは一つ。上記7頭の中で有馬記念を勝った馬が2019年の年度代表馬となるだろう。大阪杯以外に好走していないアルアインの扱いは微妙だが、ジェンティルドンナがそうであったように、最後の有馬記念を勝利するインパクトは大きい。

 もちろん上記以外の馬が勝つ可能性もある。仮に今年G1未勝利のヴェロックスやキセキが勝てば、年度代表馬争いはさらに混沌とするのは間違いない。その場合は、有馬記念で馬券に絡みさえすれば、アーモンドアイが受賞する可能性が高そうだ。

 いずれにせよ今週の有馬記念は、令和最初のJRA年の年度代表馬を決定する大一番。年度代表馬を狙う各陣営の思惑や駆け引きは見もの。どんなレースが待っているのか、今から楽しみでならない。

2019JRA年度代表馬決定戦:有馬記念。栄光を手にするのはアーモンドアイ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、フィエールマン?条件を徹底検証。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!