NEW

JRAサートゥルナーリア「スミヨン吹きすぎ」有馬記念(G1)も心配多々?「表情に出ているとおり自信はたっぷりあります」→惨敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAサートゥルナーリア「スミヨン吹きすぎ」有馬記念(G1)も心配多々?「表情に出ているとおり自信はたっぷりあります」→惨敗の画像1

 22日(日)に中山競馬場で開催されるグランプリ・有馬記念(G1)。アーモンドアイ、リスグラシュー、フィエールマン、キセキなど錚々たるメンバーが揃ったこの1戦で、サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が汚名返上を誓う。

 ホープフルS、皐月賞とG1競走を連勝し、「世代No.1」との呼び声も高かったサートゥルナーリア。日本ダービー(G1)こそ出遅れて4着に終わったものの、秋は圧巻の走りで神戸新聞杯(G2)を勝利し、改めて世代トップの実力を持つことを証明。満を持して天皇賞・秋(G1)で有力古馬に挑戦した。ここではC.スミヨン騎手を背に、並み居る実力馬を押しのけて2番人気にされたが、最後の直線で失速し6着。大きく人気を裏切ってしまった。

 これでサートゥルナーリアは東京競馬場で2連敗。また天皇賞・秋前に、騎乗するスミヨン騎手は共同会見で、『ほぼ完璧な状態で出来上がっていて、こちらから特に言うことはなかった』、『今まで乗った中でもすごく良い馬だった』などと、言い過ぎではないかと思うほどベタ褒め。さらに『自信はありますか?』との問いには『傲慢だとは感じないでいただきたいのですが、表情に出ているとおり自信はたっぷりあります』とキッパリ。そのため、レース後にスミヨン騎手に対して批判の声も上がっていた。

「日本ダービーはスタンド前発走だったので、大歓声に包まれて平常心を失ったこともサートゥルナーリアの敗因のひとつだと言われていました。それに比べて天皇賞・秋は1コーナー奥のポケットから発走。大歓声の影響は小さいと思われていたのですが、結局ダービーのときと同様に、落ち着きを失ってしまったみたいです。

 スミヨン騎手もレース後には、『ゲートに入る前からカッカして、ずっと力みっぱなし』と振り返っていました。出遅れこそなかったものの、本来の力を発揮できなかったみたいですね。スミヨン騎手にとっては、想定外の出来事だったかもしれませんが、それを差っ引いて考えても、戦前はあまりにも自信満々でしたからね。批判されても仕方ない点はあったと思います」(競馬誌ライター)

 前走からの巻き返しが期待されるサートゥルナーリアは、スミヨン騎手を背にCウッドで1週前追い切り。3頭合わせの最内に入り、6F86秒1、ラスト11秒3を記録した。スミヨン騎手は今回も「前走と同じくらい、いい状態」と相変わらずビッグマウスぶりを発揮し、さらに前走は稽古と本番で違いがあったといい「当日どうなるかだけど、ちゃんと走ってくれれば」と、期待を込める。

 サートゥルナーリアとスミヨン騎手は強力なメンバーを相手にどんな走りをみせるのだろうか?

JRAサートゥルナーリア「スミヨン吹きすぎ」有馬記念(G1)も心配多々?「表情に出ているとおり自信はたっぷりあります」→惨敗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!