NEW

JRA「人気薄に強い」藤岡佑介騎手!? ビアンフェ騎乗で朝日杯FS(G1)で大仕事をやってのけるか?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「人気薄に強い」藤岡佑介騎手!? ビアンフェ騎乗で朝日杯FS(G1)で大仕事をやってのけるか?の画像1

 

 15日(日)に阪神競馬場にて2歳王者決定戦、朝日杯FS(G1)が開催される。

 現時点では新馬戦、サウジアラビアRC(G3)を連勝し、無敗でここに臨むサリオスが頭ひとつ抜けた存在で、レッドベルジュールとタイセイビジョンがこれに続く、といった構図になっている。

 無論、この3頭に続く登録馬にも重賞勝ち馬や連対馬など実力馬がそろっている。

 その中でもビアンフェ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)に注目したい。

 6月の函館でデビュー。この時は1番人気に推されるもタイム差なしの2着と惜しい結果に終わる。2週間後の未勝利戦では同じく1番人気に推され、同距離の新馬戦より0.9秒速いタイムで勝利を挙げた。そのまま函館2歳S(G3)に駒を進め、逃げ粘って重賞初制覇を飾った。

 秋は京王杯2歳S(G2)から始動。ここでも逃げる競馬を展開したが、函館2歳Sで2着に下したタイセイビジョンに差し切られ、2着となる。

 朝日杯FSへ向かうローテーションはバリエーションが多いが、過去10年を遡ると、前走サウジアラビアRC組は2連対、デイリー杯2歳S(G2)組も2連対、東京スポーツ杯2歳S(G3)組3連対なのに対して、京王杯2歳S組は5連対と成績がいい。

 人気の一角を占めるタイセイビジョンは京王杯2歳Sの勝ち馬だが、2着したビアンフェにも有利なデータと言える。

 デビューからビアンフェの手綱をとってきた藤岡佑介騎手だが、G1勝ちは昨年のNHKマイルC(G1)のケーアイノーテックで挙げた1勝のみ。朝日杯FSは過去3回騎乗し、昨年は人気薄の馬を2着に持ってきた。また、同コースで行われる阪神JF(G1)にも2着が1回あるほか、今年は3着に入っている。

 阪神1600mのコース成績全体で言えば、今年は1勝しか挙げていないものの2着が5回あり、他場のコース成績に比べて際だって多い数字をマークしている。

 人気別で言うと5番人気以下の馬で9勝を挙げており、人気薄でもしっかり乗って勝ち星を稼いでいることがわかる。

JRA「人気薄に強い」藤岡佑介騎手!? ビアンフェ騎乗で朝日杯FS(G1)で大仕事をやってのけるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  3. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  4. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  5. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  6. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  7. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  8. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  9. “反則スレスレ”の強烈タックルに泣いた「暴君」オルフェーヴル、弾き返した「不沈艦」ゴールドシップ。約10年の時を経てオールカマー(G2)で激突する「因縁」の名馬の血
  10. 【オールカマー(G2)予想】3冠牝馬デアリングタクトは自信の消し! データから拾った「走り頃」な馬を狙い撃ち