NEW

パチンコ「四強」の現在地は!? 「大P機時代」を巡る勢力争いの行方!!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「四強」の現在地は!? 「大P機時代」を巡る勢力争いの行方!!の画像1

 パチンコ業界の金看板といえば『海物語』である。20世紀最後の年に産声を上げたこの機種は、特に2000年代前半に絶対的な存在として君臨。パチンコを知らない一般大衆でも、その名を耳にしたことがある、聞けば「あー」と認知できるほどの圧倒的人気と知名度を持ってパチンコ業界を牛耳っていた。

 しかし、時代の変遷によってその勢力図は書き換えられ、ホールには様々な機種がしのぎを削る群雄割拠となる。規則・内規の規制と緩和、技術の進歩と流行り廃り、タイアップマシンの隆盛など諸所の要因と競争によって淘汰、選別が行われ、10年単位で継続的にリリースされ、かつ人気を維持している機種が誕生した。

『海物語』に取って代わるような数々のメーカーや時代や業界を代表するビッグタイトル、キラーコンテンツである。

 例を挙げるならば、『必殺仕事人』(初代2001年登場)、『北斗の拳』(初代2002年登場)、『花の慶次』(初代2007年登場)、『牙狼』(初代2008年登場)であろうか。

 さて、この「4強」。ひとつの節目となる2020年を間近に控える今、現在の立ち位置はどういったものになっているだろう。

 新たな勢力が台頭してきたとはいえ、以前シェア率でナンバーワンを誇り、中高年層を中心に安定した支持を得ている『海物語』シリーズの影響力は大きい。

 ただ、混迷を極めるパチンコ業界では、先に挙げた強力なコンテンツが牽引して人気の回復、休眠層の呼び起こしといった起爆剤としても期待できる機種なだけに、最近の動向は気になるところだ。

 まず『必殺仕事人』シリーズ。シリーズを通して安定した人気と稼働をキープしながら、常に斬新な仕掛けをファンに提供する攻めの姿勢は崩さない。記憶に新しいのは「仏壇」と揶揄された豪華絢爛な新筐体だろう。そんな積極的戦略が新規則で結実する。『ぱちんこ新・必殺仕置人』だ。

 新規則対応機、いわゆる「P機」で不満の種となっていた出玉速度、モタモタ感を完全に払拭。懸念されていた出玉性能の面でもポテンシャルの高さをユーザーに知らしめることとなり、P機における(1種2種混合機以外という意味での)デジパチの可能性を示したマシンとなった。いまのところ、P機「最強」「ナンバーワン」の称号に一番近い場所に位置しているのではないだろうか。

パチンコ「四強」の現在地は!? 「大P機時代」を巡る勢力争いの行方!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!