NEW

パチスロ6号機「1G純増約9枚」最速マシン……「有利区間」に注目して立ち回れ!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ6号機「1G純増約9枚」最速マシン……「有利区間」に注目して立ち回れ!!の画像1

 

「1G純増約9枚」というパチスロ6号機史上最速の出玉増加システムでホールを賑わせている平和のキラータイトル『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』。

 34G継続、約306枚獲得のMAX BONUSを1G連させまくれば瞬時にして上限2400枚まで到達できる一撃性を秘めており、そんな疾走感を既に体感したプレイヤーも多いことだろうが、もちろん勝率を高めたいならば高設定の奪取が必須だ。今回は現在判明している設定推測要素を詳しく解説しよう。

 まず、本機は初当りボーナス出現率に大きな設定差が存在する。その数値は設定1が421.4分の1なのに対して、設定6は277.3分の1。幾度となく初当りを引ける台は高設定に期待できるわけだが、その高設定は初当り当選時のREG選択割合が高まる傾向もある。初当りボーナス出現率と共にBR比率もしっかりとチェックしておこう。

 LUPIN BONUS終了時は終了画面で設定が示唆され、「ルパン&不二子」は設定2・3以外、「レベッカ&浦賀航」は設定2以外が確定する模様。「不二子&レベッカ」は設定2以上、「全員集合『優(銀)』」は設定5以上、「ルパン&レベッカ『極(金)』」は設定6が濃厚となるようだ。

 また、本機は有利期間リセット時の天国モード移行率にも設定差があるようで、設定6は約3回に1回程度の割合で早期当選に結び付く。ステージチェンジ演出の「ルパン黒背景」は天国モード滞在の可能性大だ。

 ちなみに、各種小役出現率は全設定共通とのこと。通常時、疑似ボーナス中共に小役のカウントは不要である。

 続いて立ち回りポイントについて述べると、本機は実戦上、ボーナス終了後に有利区間が継続すると250G以内での初当り期待度が高まる。

 必ずその辺りで当選するわけではないが、有利区間の継続を確認した場合は打ち続けるのも戦略のひとつといえるだろう。

 有利区間の継続or非継続はクレジット右下のドットから判別でき、ボーナス終了後にこれが点灯したままであれば継続、非点灯ならば非継続となる。知識として頭に入れておこう。

 

パチスロ6号機「1G純増約9枚」最速マシン……「有利区間」に注目して立ち回れ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!