NEW

M.デムーロ「干され疑惑」に元JRA藤田伸二氏が反論!? 「ミルコは超絶上手いよ!」悩めるイタリアン不振最大の理由は「○○」にある?

【この記事のキーワード】, ,

M.デムーロ「干され疑惑」に元JRA藤田伸二氏が反論!? 「ミルコは超絶上手いよ!」悩めるイタリアン不振最大の理由は「○○」にある?の画像1

 現状、年末のグランプリ有馬記念(G1)で騎乗予定馬がいないなど、その低迷ぶりから一部ファンから「干されたのでは?」と心配の声が集まっているM.デムーロ騎手。

 確かに、昨年15勝していた重賞勝利が、今年はわずか3勝。特に5月のオークス(G1)を勝って以来、重賞勝利がなく、この秋は得意であるはずの大舞台で存在感が消えている印象だ。今や世界的な名手が集結する大激戦区になっている日本競馬だが、弱肉強食は数多の大レースを制したイタリア人名手でも例外ではないのか……。

 しかし、この“不安説”に真っ向から異を唱えた人物がいる。元JRA騎手として活躍した藤田伸二氏だ。

 11日にYouTube上でライブ配信された『久しぶりの藤田伸二兄貴生配信‼️』に出演した藤田氏。詳細はぜひ動画をご覧いただきたいが、視聴者の質問に答えていく中で、デムーロ騎手の最近の成績下降ぶりが話題に上がった瞬間だった。

「根本的にわかってないんだよ」

 デムーロ騎手の不振の原因が「競馬関係者から干されたからでは」という質問に対して、「それでも何十勝もしてるじゃん」と否定的な見解を示した藤田氏。

 大先輩であり、親交の深い武豊騎手が落馬事故などの影響で低迷した時期を引き合いに出し「ユタカさんが、年間50、60勝くらいしかできなかった時でも『じゃあ、ユタカさんが下手になったのか』っていうと、ユタカさん(今も)超上手いじゃん」と反論。

 その上で「ミルコだって超絶上手いよ!」と言い切っている。

「藤田氏はデムーロ騎手の成績が下降したのは『エージェントに問題があるのではないか』という見解でした。確かに、デムーロ騎手は昨年まで、現在リーディング独走中のC.ルメール騎手と同じエージェントと契約していましたが、自身が2番手の境遇に不服を唱え、エージェントを変更。以降は、明らかに馬質が低下している印象です」(競馬記者)

 動画の中で「勝ってないから下手くそとか、勝ってないから干されてるとか……違うんだよ」と、改めて認識のズレを指摘した藤田氏。

 デムーロ騎手の成績下降の最大の理由を「今までは“SS級”の馬にばっかり乗ってたから勝てた。だけど今はBクラス、Cクラスの馬しか集まってこないから結果が出てないだけ」と解説。「それでも勝ってる方だと思うよ」とデムーロ騎手にエールを送っている。

 先日の香港マイル(G1)を制したアドマイヤマーズ、有馬記念で有力視されているサートゥルナーリアなどの主戦は、かつてデムーロ騎手だった。果たして、無類の勝負強さを見せるイタリアンの復活はあるのだろうか。藤田氏の指摘通りだと、環境を変えなければ相当厳しそうだが……。

M.デムーロ「干され疑惑」に元JRA藤田伸二氏が反論!? 「ミルコは超絶上手いよ!」悩めるイタリアン不振最大の理由は「○○」にある?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由