NEW

JRAターコイズS(G3)は「高配当」を確信!? 「ハイレベル」3歳牝馬に「鉄級◎」と「伏兵」を発見‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日(土)に中山競馬場で開催される牝馬限定重賞、ターコイズS(G3)。

 ハンデ戦ということもあり、過去10年で1番人気がわずか3連対と荒れる傾向にあるレースだ。混戦模様のこのレースを、関係者からの情報を元に予想していきたい。

「◎」は人気の一角を占めるであろうエスポワール(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 2歳秋のデビュー戦で3着。間隔を開けて挑んだ未勝利戦で勝ち上がる。今シーズンは始動戦の自己条件戦こそ2着に終わったが、6月の条件戦、7月のシンガポールTC賞(2勝クラス)を連勝し、秋華賞(G1)に臨む。3番人気に推されるも9着と大敗するが、自己条件の修学院S(3勝クラス)を楽勝し、このレースに駒を進めてきた。

「秋華賞こそ崩れましたが、外枠でテン乗りというのも応えたと思います。ミルコは相性がいいですし、馬の特性も分かってくれています。この血統は体質や足元が弱いのですが、段々としっかりしてきましたし、順調なら大きいところを狙えるくらいの素質があります」とスタッフ。M.デムーロ騎手が高く評価している1頭で 「勝負根性がとにかく凄い。重賞は勝てる馬。前向きでマイルも0K」とかなり意気込んでいた。

 ここで初の重賞勝ちを狙う。

※画像:フロンテアクイーン/『競馬つらつら』より

「〇」 は牝馬重賞の常連でもあるフロンテアクイーン(牝6、美浦・国枝栄厩舎)。

 一昨年末から昨年の秋にかけて7戦で5連続2着、3着2回と勝ちきれないまでも堅実な結果を残してきた。今年は中山牝馬S(G3)から始動し勝利を飾ったものの、続くヴィクトリアマイル(G1)とクイーンS(G3)では大敗してしまう。秋初戦は府中牝馬S(G2)で人気を落としていたところを巻き返して2着と好走。だが、エリザベス女王杯(G1)で再び大敗してしまう。

「前走はG1で横綱相撲になってしまい、あの結果も仕方ありません。この時期になって少し冬毛が出てきましたが、戦闘能力には問題ないと思います。ハンデは見込まれましたが、ここでは能力上位ですし、地力で相殺してほしいですね」と国枝師は斤量克服が鍵と語った。

 確かに56キロの斤量はトップハンデではあるが、すでに経験している斤量でもある。メンバーが落ちるここで好走する可能性は十分あるだろう。

JRAターコイズS(G3)は「高配当」を確信!? 「ハイレベル」3歳牝馬に「鉄級◎」と「伏兵」を発見‼のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!