NEW

パチスロ『番長3』を完全に攻略!? 投資100枚で「大爆発」なるか……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ『番長3』を完全に攻略!? 投資100枚で「大爆発」なるか……の画像1

 

 大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。今回は『押忍!番長3』について書いていきたい。

 言わずと知れた「番長シリーズ」の第5作目である。同シリーズの『押忍!サラリーマン番長』や『HEY!鏡』が稼働する中、未だに人気の衰えない機種である。

 本機は純増2枚のART「頂ジャーニー」で出玉を増やしていくART機だ。出玉のトリガーとなる「番長ボーナス」や最強ストック獲得特化ゾーン「絶頂対決」なども搭載している。

 主なARTへの当選契機はチャンスゾーンの「対決」に勝利することである。対決は3〜4ゲームの連続演出のようなゾーンであり、そこでベルやレア役などで勝利への書き換え抽選をする。対決には「弱対決」「中対決」「強対決」があり、タイトルの星の数で期待度が示唆される。対決は強いほど書き換え抽選の確率が上がっている。

 対決へはレア役での当選と「ベル回数」での当選がある。リール右部のカウンターでベル回数が数えられていて、カウンターが壊れれば「ベル回数」で対決が当選したことになる。

 ベル回数には「モード」と「ゾーン」がある。連荘モードでは7回以内のベルで対決当選が約束される。それ以外では最大64回で対決当選となる。連荘モードへの移行は約30%で、ベルカウンターがリセットされた時に抽選が行われる。

 連荘モード以外では15回毎でアツいゾーンが存在している。「15〜17回」「30〜32回」「45〜47回」で対決当選の期待度が高い。

 本機の狙い目はゾーン狙いと天井狙いである。ゾーン狙いは上記のベル回数付近の台を狙う立ち回りである。天井狙いは総ベル回数100回以上の台を狙う。本機はART間で200回ベルを引けば天井である。恩恵はART当選だ。

 設定変更時は天井が200回ではなく、128回になるためチャンスである。

 今回座った台は総ベル回数117回(ベルカウンターは20)の台。問答無用で狙い目の台である。

パチスロ『番長3』を完全に攻略!? 投資100枚で「大爆発」なるか……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!