NEW

JRA超良血馬ヴァーダイト「4馬身差」圧勝デビュー! 川田騎手「問題なくいい競馬」兄姉にG1馬多数

【この記事のキーワード】, , ,

JRA超良血馬ヴァーダイト「4馬身差」圧勝デビュー! 川田騎手「問題なくいい競馬」兄姉にG1馬多数の画像1

 今年も、この血統が競馬界を沸かせてくれそうだ。

 15日、阪神競馬場で行われた新馬戦(芝2000m)は、2番人気のヴァーダイト(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)が快勝。姉にマリアライト、兄にもクリソベリルを持つ超良血馬が、まずは上々のデビューを飾った。

 姉に宝塚記念とエリザベス女王杯を勝ったマリアライト、兄に今年のチャンピオンズCを制したクリソベリル。日本屈指の超良血馬ヴァーダイトのデビュー戦は、姉と同じディープインパクト産駒だけに、やはり「芝」だった。

 9頭立ての2000mで行われた新馬戦。ゲートこそ、ソロリと出たヴァーダイトだったが、二の脚を使って先頭集団へ。外からハナを主張したウィズダイヤモンズを先に行かせる形で2番手につけた。

「一度調教で乗った時より、だいぶ成長していました。体つきも良くなっていましたね」

 第4コーナーでウィズダイヤモンズを交わして先頭に躍り出たヴァーダイト。各馬も必死に追い上げるが、その差は開くばかり……最後は鞍上の川田将雅騎手が持ったまま、ゴール板を通過した。

「スタートで軽い接触があった際はヒヤッとしましたが、ここでは能力が違いましたね。まだまだ幼い面がありそうで、今日は能力だけで勝ったという印象。調教の動きから陣営は坂を課題に挙げていましたが、レースでは特に問題ないように見えました。血統的にも、将来が非常に楽しみな存在です」(競馬記者)

 この結果に、音無調教師も「稽古は動いていなかったけど信じていました。芝タイプですね」と今後の路線を確信。その上で「2番手で押し切って、今回はもまれていない。もまれる競馬をしてどう成長していくか」と課題を挙げていた。

 気になる今後に関しては「まだ分かりません」とじっくりいく方針のようだ。

「問題なくいい競馬をしてくれましたし、この血統らしく成長してくれればと思います」と兄クリソベリルの主戦も務める川田騎手。古馬になって本格化する血統だけに、来春のクラシックだけでなく、先々も楽しみな逸材だ。

JRA超良血馬ヴァーダイト「4馬身差」圧勝デビュー! 川田騎手「問題なくいい競馬」兄姉にG1馬多数のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!