NEW

JRA有馬記念(G1)川田将雅×ヴェロックス鬱憤晴らし!? とりあえず同期には勝てそう?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中山競馬場で22日にグランプリ有馬記念(G1)が開催される。実績ある馬たちが多く出走するが、そこに割って入る形で上位進出を期待されているのが、新鋭・ヴェロックス(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 今年、若駒S、若葉S(ともにL、芝2000メートル)を連勝し、クラシックに挑戦。見事に完走するも、皐月賞(G1)2着、日本ダービー(G1)3着、1番人気に支持された菊花賞(G1)では3着。馬券圏内を外すことはなかったものの、勝利には届かず、涙を飲んでいる。

「前走の菊花賞は、クラシックで初めての1番人気だったものの3着。ですが、これは有力馬が相次いで回避を発表したためでしょう。父が現役時代2000m以下のG1を3勝したジャスタウェイなので、戦前から血統的な距離不安が囁かれていましたし、産駒は総じてマイルから2000mで結果を残していますからね。実績が評価されていたとはいえ、押し出された感が強く、本当の意味での1番人気ではなかったように思います。

川田将雅騎手もレース後に『3000メートルが長かったと言わざるを得ない直線の苦しさでした』と、やはり向いていなかったのか、その距離を敗因にあげていました。ただそれでもその舞台で3着に入っているのだから、実力は十分。注目しておいて損はないと思います」(競馬誌ライター)

 G1馬が11頭集結する有馬記念で、古馬と初顔合わせとなるヴェロックス。有力馬たちの胸を借りる立場での挑戦となるが、チャンスは十分にあるはずだ。

「昨年のブラストワンピース、16年のサトノダイヤモンドなど、過去10年を振り返ると、5度も3歳馬が有馬記念を制しているんです。グランプリで選出されたハイレベルなメンバーとのレースでは、2キロの斤量差が結果に大きな影響を与えているのかもしれません。

 今年の3歳勢では、ヴェロックス、ワールドプレミア、サートゥルナーリアと3頭が出走予定。ヴェロックスはこの2頭の前に敗れていますが、これから先にまた顔を合わせることを考えれば、そう何度も同じ相手に敗れるわけにはいかない。それだけにリベンジを果たすべく、気合いも入っているのではないでしょうか」(競馬記者)

 ヴェロックスは「netkeiba.com」の予想オッズでは18.1倍の8番人気。本番ではこの低評価を覆す走りを見せることができるのだろうか?

JRA有馬記念(G1)川田将雅×ヴェロックス鬱憤晴らし!? とりあえず同期には勝てそう?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!