NEW

武豊「2020年」はサウジアラビア→ドバイ!? マテラスカイ「1着賞金11億円」サウジC諸競走挑戦の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日、今月のチャンピンオンズC(G1)を無敗で制したダート王クリソベリル(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、来年2月に開催されるサウジC(キング・アブドゥルアズィズ競馬場)に出走する意向があることがわかった。

 今年、世界最高額となる1着賞金約11億円を目玉に誕生したサウジC。来年2月の開催に合わせ、今年の米BCクラシックで1番人気2着だったマッキンジーが出走意思を示すなど、早くも世界各国から挑戦者が名乗りを上げている。

 そんな中、日本からも新旧のダート王がスタンバイ。この日、ノーザンファーム吉田勝己代表がクリソベリル、そしてゴールドドリームの2頭に出走の可能性があることを示唆している。

 なお、ゴールドドリームはすでに年末の東京大賞典が引退レースなる予定だが、仮に招待されるようなら現役続行の運びとなるようだ。

「楽しみですが、カギを握るのはやはり検疫の問題。サウジアラビア競馬史上でも大きな試みですし、第1回ということもあって、多くの陣営が検疫の簡略化を前提としているようです。

ただ、運営陣には、すでにドバイワールドカップ開催で国際的な成功を収めたスタッフが含まれており、関係者の間では『何とか形にしてくるのでは』と辺りを付けている人も多いとか。難しい問題であることは確かですが、ぜひハードルをクリアしてほしいですね」(競馬記者)

 また、今秋のBCスプリントに挑戦した森秀行厩舎のマテラスカイ、同厩の2歳馬フルフラットにも、サウジアラビア遠征のプランがあるようだ。

「サウジC当時に予定されている諸競走に出走するプランがあるようです。マテラスカイはダート1200m戦に、フルフラットは3歳限定のダート1600m戦に登録予定だとか。そこを使って4月のドバイミーティンに向かう予定ですが、もし遠征となれば、この秋のBCのように武豊騎手も遠征することになるかもしれませんね」(同)

 しかし、2頭を管理する陣営も「検疫の問題があるので、まだ分からない面はある」とコメント。やはり検疫問題が一番のネックになりそうだ。

武豊「2020年」はサウジアラビア→ドバイ!? マテラスカイ「1着賞金11億円」サウジC諸競走挑戦の可能性のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!