NEW

パチスロ5号機「さよなら企画」……窮地を救ってくれた「起死回生」の大逆転!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ5号機「さよなら企画」……窮地を救ってくれた「起死回生」の大逆転!!の画像1

 2019年12月23日、ついに人気機種の『主役は銭形2 』が撤去対象となる。

 4号機の名機『主役は銭形』の後継機。前作はビッグボーナスで711枚獲得可能な大量獲得ストック機で「3ゲーム連」のゲーム性で人気を博した。

 本機は純増2.8枚の疑似ボーナス「銭形ビッグ」で出玉を増やしていく機種だ。疑似ボーナスは差枚数管理となっており、150枚〜711枚までの初期枚数の振り分けがある。

 レア役での差枚数上乗せだけではなく、多様な特化ゾーンも用意されていた。疑似ボーナス後は前作をインスパイアした「3ゲーム連」の引き戻し抽選も行われている。

 今回は「さよなら企画」ということで、本機の私的な思い出話をしていきたい。

 始めての出会いは2014年1月、新装開店の日だったことを覚えている。確か『パチスロ 輪廻のラグランジェ』と同時導入だった。

 私自身4号機の前作をかなり打ち込んだので、その後継機としての本機には多大な期待を寄せていた。当時の大量獲得機といえば、あの『吉宗』や『鬼武者3』などがあったが、『主役は銭形』が一番相性が良かった。

 しかし、本機の第一印象は良くなかった。導入初日でハマっては200枚弱、ハマっては200枚弱という負のループを味わってしまった。正直苦手機種の1つとして認識してしまっていた。

 前作のようにゾーン狙いできるわけでもない、「ジャッキーン」と7図柄が揃っても150枚か200枚ばかり。こりゃ割に合わない、と思っていたのである。

 事情が変わったのはハイエナとして動くようになってからだ。この台のおかげで何とか踏ん張れた、という状況があったのだ。

 その時の私は絶不調だった。何を打っても全然ダメ、ゾーン狙いはほとんどスルー、天井でも最低保証の出玉で終了の状態が続いていたのである。実に12日連続で、この月の収支はマイナス14万円、「パチスロを打つのが怖い」とすら思っていた時期だった。

 そんな時にふと650ゲーム近くハマっている『主役は銭形2』を発見した。日曜日、時間は20時30分を回っていた。

パチスロ5号機「さよなら企画」……窮地を救ってくれた「起死回生」の大逆転!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事