NEW

JRA有馬記念(G1)「超絶サイン」レイデオロが該当……鞍上問題はいつ解決?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA有馬記念(G1)「超絶サイン」レイデオロが該当……鞍上問題はいつ解決?の画像1

 

 22日(日)に開催の大一番、有馬記念(G1)。いよいよその日まで1週間を切って、どの馬に賭けるか考え始める頃ではなかろうか。

 注目はアーモンドアイとリスグラシューの「最強牝馬」対決だろうが、今年はG1馬が11頭も登録している。この2頭で順当に決まるほどメンバーのレベルは低くない。

 そこで、今回は「令和」最初の有馬記念ということで、隠されたサインから勝ち馬を読み取ってみたい。

 参考にするのは今から30年前の1989年の有馬記念。「平成」最初の有馬記念だ。

 枠順は以下の通り。

1-1   オグリキャップ

2-2 ミスターブランディ

2-3 ダイナカーペンター

3-4 スーパークリーク

4-5 キリパワー

4-6 ドクタースパート

5-7 リアルバースデー

5-8 カシマウイング

6-9 ランニングフリー

6-10 ハワイアンコーラル

7-11 フレッシュボイス

7-12 サクラホクトオー

7-13 ミスターシクレノン

8-14 ヤエノムテキ

8-15 イナリワン

8-16 スルーオダイナ

 

 となっていた。この当時は馬連がなかったので、有力馬は単枠指定というシステムで、仮に出走取り消しなどがあっても馬券の返還ができるようになっていた。

 この年はマイルCSをハナ差で制し、連闘で挑んだジャパンCも世界レコードタイの2着に入ったオグリキャップと天皇賞・秋を制したスーパークリークが単枠指定された。また、出走16頭に対して、G1馬7頭とメンバーはそろっていた。

 結果から言うと4番人気のイナリワンが1着、ハナ差の2着にスーパークリークが入って、1番人気のオグリキャップは5着に沈んだ。

 ここに、サインが隠されていた。

JRA有馬記念(G1)「超絶サイン」レイデオロが該当……鞍上問題はいつ解決?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!