NEW

JRA有馬記念「大復活」サートゥルナーリア激走!? 気性難克服へ……得意「中山」だけなく「○○」が大違い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 22日、中山競馬場で行われる有馬記念(G1)は毎年、歴戦の古馬とクラシックを戦った3歳馬が激突し、多くのドラマを生んできた。

 今年は女王アーモンドアイを筆頭に古馬陣が上位人気を占めているが、3歳馬の代表格サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が黙っていられないはずだ。

 今年の3歳牡馬クラシック組は弱い――。ダート路線ではクリソベリルが新王者になったものの、競馬の花形となるクラシック路線を駆け抜けた馬たちは、古馬の壁に苦戦している印象だ。

 その象徴たるレースが、「世代No.1」の呼び声も高いサートゥルナーリアが惨敗した天皇賞・秋に他ならないだろう。

 最後の直線、逃げ粘るアエロリットの直後に、アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムの「3強」が横一線に並んだ。現役最強の証明へ、レースを観ていた多くのファンが、ここから壮絶な叩き合いが繰り広げられることを想像した。

 だが、そこからいち早く脱落したのがサートゥルナーリアだった。

「スタートでやや後手を踏みましたが、C.スミヨン騎手はほとんど完璧に乗っていたと思います。しかし、結果は6着……。

先に抜け出したアーモンドアイに置き去りにされ、ダノンプレミアムやアエロリットに競り負けただけでなく、後ろからきたユーキャンスマイルやワグネリアンにも差される不甲斐ない内容でした。アーモンドアイに続く2番人気に推されていたことからも、あのレースを見せられたファンの落胆は小さくないでしょう。あれが実力通りだとは思えませんが……」(競馬記者)

 レース後、陣営は敗因を分析。「競馬に行くと燃えてしまう」と、気性面を課題に挙げている。

 確かに、日米オークス馬シーザリオの仔は、2歳王者リオンディーズ、G1・2勝のエピファネイアと卓越したパフォーマンスを持ちながら、燃えやすい気性に泣いてきた一族だが……。

JRA有馬記念「大復活」サートゥルナーリア激走!? 気性難克服へ……得意「中山」だけなく「○○」が大違い?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!