NEW

JRA有馬記念(G1)美浦「フィエールマン不幸中の幸い」で万全か、アーモンドアイ死角なし……現場情報大量入手!

【この記事のキーワード】

, ,

 いよいよ有馬記念(G1)が行われる。今年はG1馬が11頭揃うなど、メンバーが豪華すぎると早くから話題になっていた。その1戦を前に、美浦関係者たちから出走馬の情報がもたらされた。今年の有馬記念を読み解く一助になれば幸いだ。

 まずは大本命、アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)から。

JRA有馬記念(G1)美浦「フィエールマン不幸中の幸い」で万全か、アーモンドアイ死角なし……現場情報大量入手!の画像1

 今年はドバイターフ(G1)、天皇賞・秋(G1)を制覇。安田記念(G1)こそ3着に終わったが、これは出走直後の不利が響いたため、度外視してもいいだろう。

 2019年は香港C(G1)で締めくくるはずだったが、熱発のため大事を取って回避。ところが予想以上に早い回復を見せたこともあり、急遽、有馬記念に参戦することになった。

「国枝調教師は『熱発の影響はない』とキッパリ。それどころか『天皇賞・秋の後から精神面でもさらに成長している』と明かし、中山競馬場は初参戦となるが『コントロールが利くので上手くこなしてくれると思います』と話していました。

 最終追い切りは霧が立ちこめる美浦・Wコースで2頭併せ。霧で向こう正面の動きはよく見えませんでしたが、2馬身後方から追走した僚馬に、直線でインから並びかけると、あっという間に突き放し、3馬身差をつけています。終いの反応は素晴らしかったです」(美浦関係者A)

 鞍上のC.ルメール騎手は有馬記念を2度も制覇している実績も持つ。人馬ともに死角はない。

 フィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、池添謙一騎手と大一番に臨む。

JRA有馬記念(G1)美浦「フィエールマン不幸中の幸い」で万全か、アーモンドアイ死角なし……現場情報大量入手!の画像2

 今年は天皇賞・春(G1)を制し、現役屈指のステイヤーであることを証明。秋は凱旋門賞(G1)制覇を目指したが、前哨戦に設定した札幌記念(G2)で1番人気に支持されるもまさかの3着。出鼻をくじかれた形で本番に挑むと、いいところ無く12着と殿負け。国内復帰戦となる有馬記念で巻き返しを狙う。

「凱旋門賞はタフな馬場も影響し、完敗。ただ、『不幸中の幸いだったのは大きなダメージを負わなかったこと』と陣営は語っていましたね。

 余裕のあるスケジュールを組んでいたので、帰厩後はしっかり負荷をかけることが出来たみたいです。最終追い切りは南ウッドで併せ馬。僚馬を4馬身追う形で5F65秒0、ラスト12秒2を記録し、2馬身ほど先着しています。手塚調教師も内容に満足気で『思い通りの調整ができた』と話していました。

 また今回はトリッキーなコースが舞台だとし、『好走するには色々と条件が噛み合わなければ厳しいけど、その辺りは池添騎手を信頼するだけ』と鞍上に期待していました。ルメール騎手がアーモンドアイに騎乗するため、池添騎手に鞍上が回ってきましたが、彼は有馬記念に10回騎乗して4度も制覇。さらに今年は、代打で騎乗したインディチャンプでマイルCS(G1)も優勝しています。侮ると怖い存在です」(美浦関係者B)

 グランプリ男が今年も魅せる?

JRA有馬記念(G1)美浦「フィエールマン不幸中の幸い」で万全か、アーモンドアイ死角なし……現場情報大量入手!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!