NEW

パチスロ4号機「譲りの一撃性」!『ルパン』シリーズの高性能パチスロが認定期間満了

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 平和の最新パチスロ6号機『パチスロ ルパン三世~イタリアの夢~』が12月上旬、ホールデビューを果たした。

 純増9枚、約306枚獲得のMAX BONUSが1G連する刺激的なゲーム性で注目を集める一方、同シリーズのオリンピアブランド作『主役は銭形2』が12月23日、惜しまれつつも認定期間満了を迎える。

 本機は名前通り、4号機時代に人気を博した『主役は銭形』の後継機。出玉増加機能は1G純増約2.8枚の枚数管理型AT「銭形ビッグ」のみで、多彩な上乗せ機能を搭載したことで大量獲得機だった前作の破壊力を再現している。

 主なボーナス当選契機はチャンス役とCZの2種類で、チャンス役での当選時は前兆を経由して告知が発生。「ゼニガタイム」は前兆ステージで、警官が集まるほど期待度は高まる。CZは「ヒーローチャレンジ」「サーチライトチャレンジ」の2種類で、ヒーローチャレンジは選択キャラに応じて抽選システムが変化。

 10G継続の「ルパン」はリプレイ、7G継続の「次元」はプラム、15G継続の「五エ門」はベルを引ければチャンスで、「不二子」はレバーONでの1発勝負となる。

 一方のサーチライトチャレンジは基本10G間にプラムを引くほどビッグ期待度が高まり、4回引ければビッグ確定。継続中はチャンス役成立でゲーム数減算ストップ抽選が行われ、最大5Gの減算ストップに期待できる。

 ビッグは7揃い時のライン数で初期枚数が変動し、シングルは150枚以上、ダブルは200枚以上、トリプルは300枚以上が確定(最大711枚)。消化中は様々なタイミングで上乗せ抽選が行われ、特化ゾーンへの突入はさらなる枚数上乗せの大チャンスを迎える。

 特化ゾーンは「ゼニガッツ」「ゼニガターボ」「スーパーヒーロー」「タイプラッシュ」「不二子チャレンジ」の5種類で、リプレイ2回成立まで続くゼニガッツはプラムを連続入賞させるたびに上乗せ&上乗せ枚数がアップ。ゼニガターボは約5分の1で白7が揃うたびに枚数が上乗せされ、白7揃い時にフリーズが発生すれば上位特化ゾーン「ゼニガターボZERO」へ昇格する。

 タイプラッシュは80%の継続抽選に漏れるまで3桁上乗せが発生。20G継続のスーパーヒーローはプラムを引くたびに枚数が上乗せされ、「ヒーローミッション」へ発展した場合はミッションに成功するたび上乗せが連続&全ミッション成功で300枚or500枚が加算される。

 CZやビッグ入賞時の一部で突入する不二子チャレンジは5G継続のビッグストックゾーンで、約5.7分の1で7が揃えばストック&リスタート。チャンス役成立でも継続ゲーム数がリセットされるので、一気に大量ストックへ繋がることも少なくない。

 設定推測要素はビッグ初当り出現率、成立役別のビッグorCZ当選率などで、低確時の直撃ビッグ当選率は設定差大。天井は999Gハマリで、ダブルライン以上のビッグが約束される。


 


 


 

パチスロ4号機「譲りの一撃性」!『ルパン』シリーズの高性能パチスロが認定期間満了のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事