NEW

【JRA有馬記念とノーザンファーム】やっぱりアーモンドアイでOK? 過去の優勝馬から今年該当するグランプリ馬を発表!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【JRA有馬記念とノーザンファーム】やっぱりアーモンドアイでOK? 過去の優勝馬から今年該当するグランプリ馬を発表!の画像1

 

 グレード制導入後、有馬記念を勝利した社台グループの生産馬は11頭で、優勝は12回(オルフェーヴルが2回)となっている。その内訳は

・ノーザンファーム4勝

・社台ファーム4勝

・白老ファーム4勝

 とまったく互角だが、2014年以降はノーザンファームの生産馬しか勝利していない。ノーザンファーム最大のライバルである、社台ファームの生産馬が有馬記念を勝利したのは2010年のヴィクトワールピサ。そこから8年が経過しているのだ。時代はやはりノーザンファームが一強といえる状況であり、今年も出走馬16頭中12頭がノーザンファームの生産馬。社台ファームの生産馬は格下のステッィフェリオ1頭のみだから、その差は歴然だ。

 出走馬16頭中11頭がG1レースの優勝馬というメンバーを見れば、今年もノーザンファームの生産馬が優勝する可能性は非常に高いと言わざるを得ない。そこで今年の有馬記念に出走する12頭のノーザンファーム生産馬で、どの馬がもっとも勝利に近いのか。過去の傾向を見ながら検証してみた。

 今年出走するノーザンファームの生産馬12頭は以下の通り。さすがに豪華メンバーである。


スワーヴリチャード

エタリオウ

フィエールマン

リスグラシュー

ワールドプレミア

レイデオロ

アーモンドアイ

サートゥルナーリア

アルアイン

ヴェロックス

アエロリット

シュヴァルグラン


 そして過去に有馬記念を勝利したノーザンファームの生産馬はこの4頭。


2006年 ディープインパクト

2014年 ジェンティルドンナ

2016年 サトノダイヤモンド

2018年 ブラストワンピース


 この4頭が勝利した状況を整理すると、以下の共通項目が目に付いた。

【JRA有馬記念とノーザンファーム】やっぱりアーモンドアイでOK? 過去の優勝馬から今年該当するグランプリ馬を発表!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!