NEW

JRA阪神C(G2)グランアレグリアを上回る「情報」をキャッチ! 「好配当」を狙える「伏兵」発見‼

【この記事のキーワード】

, ,

 21日(土)に阪神競馬場にて開催される今年の短距離重賞の総決算、阪神C(G2)。

 今年も来年の短距離路線を見据えたスピード自慢のメンバーがそろい、1400mの距離を争う。

 今回は厩舎関係者からの情報を元に、阪神Cを予想していきたい。

「◎」はマイスタイル(牡5、栗東・昆貢厩舎)を指名する。

JRA阪神C(G2)グランアレグリアを上回る「情報」をキャッチ! 「好配当」を狙える「伏兵」発見‼の画像1

 

 今年は京都金杯(G3)から始動。ここを2着と好走すると続く小倉大賞典(G3)で凡走。しかし、ダービー卿CT(G3)では再び3着と好走。夏は函館へ転戦し、巴賞(OP)は凡走するが函館記念(G3)を快勝し、重賞初制覇を遂げる。秋はスワンS(G2)を3着したあと、マイルCS(G1)で強豪相手に4着を確保した。

 元々自在性のある馬で、距離を詰めて安定感が増している。「マイル以下だと折り合いを気にしなくていいので競馬が楽。近走から力を付けているのも確かだし、馬体の張りや毛ヅヤを見てもデキの良さが伝わる。相手関係も緩和するので好レースを」とスタッフ。馬は絶好調のようだ。

「〇」   にはスマートオーディン(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)を推す。

JRA阪神C(G2)グランアレグリアを上回る「情報」をキャッチ! 「好配当」を狙える「伏兵」発見‼の画像2

 

 今年はマイスタイルと同じく京都金杯から始動するも凡走。しかし、続く阪急杯(G3)では11番人気を覆して上がり最速の脚で完勝。その後、京王杯CS(G2)、安田記念(G1)、スワンSと転戦するがいずれも凡走。

 だが、前走はいくらか余裕残しで、上積みの見込める今回は怖い。「前走は折り合いもスムーズで、勝負どころもいい感じで上がっていったからね。最後は緩かった分、甘くなったかな。中間は脚元も落ち着いているし、好相性の阪神なら展開ひとつで勝ち負け」と陣営は変わり身を強調。武豊騎手騎乗というのも心強い。

「▲」は桜花賞馬グランアレグリア(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

JRA阪神C(G2)グランアレグリアを上回る「情報」をキャッチ! 「好配当」を狙える「伏兵」発見‼の画像3

 

 2歳時は新馬戦、サウジアラビアRC(G3)を連勝。牝馬ながら朝日杯FS(G1)に出走し、牡馬を相手に3着と健闘。春はそのまま桜花賞(G1)へ直行し、2歳女王を一蹴して優勝。オークス(G1)へは向かわず、NHKマイルC(G1)に駒を進めたが、2歳王者に及ばず、さらに進路妨害があったとして5着降着でシーズンを終える。

 7カ月半ぶりの実戦となるが、「予定していたスプリンターズSは大事を取ってパスしました。レース間隔は開きましたが、帰厩後は意識的に乗り込んで来ていますし、いい仕上がりで臨めると思います。1400mは初めてですが、スピードのある馬ですし、こなせると思います」と調教助手は初距離でも前向きだった。

JRA阪神C(G2)グランアレグリアを上回る「情報」をキャッチ! 「好配当」を狙える「伏兵」発見‼のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!