NEW

パチスロ『ジャグラー』6号機が始動!「ノーマルタイプの象徴」が提案するゲーム性とは

【この記事のキーワード】

, , , , ,

パチスロ『ジャグラー』6号機が始動!「ノーマルタイプの象徴」が提案するゲーム性とはの画像1

 国民的パチスロ『ジャグラー』シリーズで知られる北電子。そんなパチスロ“王者”を生み出した同社は、初の6号機を4月に導入した。

『マイフラワー30』は、ハイビスカスが光ればボーナスという単純明快なゲーム性。純増約3枚のATタイプとなっており、疑似ボーナスの連チャンで出玉を増やす仕様だ。

 ボーナスは約180枚獲得できる「赤7揃い」「白7揃い」と、約60枚獲得できる「7・7・BAR」の3種類。ボーナス後に突入する32Gのチャンスゾーンで、連チャンを狙うという流れとなっている。

 継続システムは、全10パターンの「シナリオ管理」を採用した。その選ばれたシナリオによって継続率が変化。初回ボーナス時は約1/3で連チャンとなる。AT機ではあるが、同社の特徴でもある「遊びやすさ」を感じられる仕上がりと言えるだろう。

 看板機種である『ジャグラー』だけではなく、沖スロATを導入するなど2019年もホールを大いに盛り上げていた北電子。そんな同社への注目は、さらに大きくなってきそうだ。

 現在のパチスロ市場において約 40 万台の設置を誇る『ジャグラー』がついに始動。シリーズ初の6号機が2020年に降臨する。

パチスロ『ジャグラー』6号機が始動!「ノーマルタイプの象徴」が提案するゲーム性とはの画像2
北電子HPより

 公式HPでは『新ジャグラー』のティザームービーを公開中。本ムービーでは筐体のシルエットを確認することができる。「あたらしいJUGGLER」「新ジャグラー始動。」との文言に期待の声が続出中だ。

 気になる仕上がりに対し「『ジャグラーのあるべき姿とは』という大きなテーマに挑戦し、細部までこだわった機械作りを敢行」「さらなる楽しさもプラス」と自信を覗かせている。

 ホールへの導入は2020年春を予定。時代を超えてファンを増やし続けてきた『ジャグラー』が、6号機でも支持を集めるのだろうか。始動した“王者”の仕上がりに期待は高まる。

 

 

 

パチスロ『ジャグラー』6号機が始動!「ノーマルタイプの象徴」が提案するゲーム性とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事