NEW

【ホープフルS(G1)展望】JRAの未来を担うコントレイルか!? 素質溢れる好メンバー集結!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 28日(土)に中山競馬場で、今年の重賞の締めくくりとなるホープフルS(G1)が開催される。

 昨年はここを制したサートゥルナーリアが、皐月賞(G1)を勝ち、先週の有馬記念でも古馬相手に2着と好走するなど、大きく飛躍するきっかけとなった。そのサートゥルナーリアに続けと、今年も将来を嘱望される素質あふれるメンバーが揃った。

 まず、注目されているのはコントレイル(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

【ホープフルS(G1)展望】JRAの未来を担うコントレイルか!? 素質溢れる好メンバー集結!の画像1

 2歳新馬戦(芝1800m)をノーステッキで快勝すると、東京スポーツ杯2歳S(G3)に出走。R.ムーア騎手を背に臨んだ1戦では、最後の直線で先頭に立つとそこからワンサイド。アルジャンナ、ラインベックら超良血馬を突き放して2歳日本レコードで優勝。圧巻のパフォーマンスを見せてクラシックに名乗りをあげた。

 今回、鞍上は新馬戦に騎乗した福永祐一騎手が務める予定。2000mの距離に初挑戦となるが、ディープインパクト産駒で、母父がUnbridled’s Songという血統を持つため、対応は十分に可能だろう。G1馬として、クラシックを迎えることが期待されている。

 その対抗として名が挙がるのが、ワーケア(牡2歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

【ホープフルS(G1)展望】JRAの未来を担うコントレイルか!? 素質溢れる好メンバー集結!の画像2
※画像:ワーケア/『競馬つらつら』より

 2歳新馬戦(芝1800m)を上がり最速の脚で勝利。2戦目のアイビーS(L)も好位追走から、最後の直線で先頭に立つと持ったままで、後続に3馬身の差をつけて快勝してみせた。

 レース後、鞍上のC.ルメール騎手は「ずっといい感じでした」と明かし、「抜け出してからは手前を3~4回替えていて全力で走っていません」と圧勝したにもかかわらず、まだ余力があると話す。

 ポテンシャルは2歳馬の中でもトップクラス。好走は必至だろう。

 オルフェーヴル産駒のオーソリティ(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)も侮れない。

【ホープフルS(G1)展望】JRAの未来を担うコントレイルか!? 素質溢れる好メンバー集結!の画像3

 デビュー戦(芝1800)を辛勝すると、芙蓉S(OP)へ。距離が200m伸びたが、それが功を奏したのか3番手から勝負どころで進出すると、上がり最速の末脚を発揮し、2着馬に0秒4差をつけて快勝。今後に弾みをつけた。

 今回の舞台である中山競馬場、芝2000mで勝利した実績は大きいだろう。デビューから一貫して騎乗する池添謙一騎手を背に大一番に挑戦する。

【ホープフルS(G1)展望】JRAの未来を担うコントレイルか!? 素質溢れる好メンバー集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!