NEW

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?

【この記事のキーワード】

, ,

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?の画像1

2戦2勝、すべて圧勝のワーケア

 大盛り上がりとなった有馬記念は終わったが、来年に向けて重要なレースはまだ続く。今週行われるホープフルS(G1)は来年のクラシックを占う重要な一戦だ。1600mで行われる朝日杯FS(G1)がNHKマイルC(G1)や皐月賞(G1)を狙う馬が多く出走するのに対し、2000mのホープフルSは皐月賞(G1)や日本ダービー(G1)を目指す馬が多い。実際に昨年の優勝馬サートゥルナーリアは後の皐月賞馬であり、2016年の優勝馬レイデオロは日本ダービーを勝利している。

 ここまで2歳のG1レースは阪神JF(G1)をレシステンシアが1分32秒7のレコードタイムで勝利し、朝日杯FS(G1)はサリオスが1分33秒0の好時計で快勝。ともに来年のクラシック戦線を盛り上げるスターが誕生した。しかしG1レースに昇格して3年目となる今年のホープフルS(G1)は、先日の朝日杯FS(G1)を上回る好メンバーといっていいだろう。2戦2勝の無敗馬は4頭、重賞やオープン特別の勝ち馬は合計6頭もいるのだ。

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?の画像2
無敗のコントレイル

 まず1番人気が確実視されるコントレイルは注目のディープインパクト産駒。デビューから2戦2勝で前走の東京スポーツ杯2歳S(G3)は2着に5馬身差の圧勝。2戦とも上がり33秒台の豪脚でダービー馬候補の筆頭格、鞍上の福永祐一騎手にとっても重要な一戦となるであろう。

 そして新種牡馬ゴールドシップ産駒のブラックホール。前走は札幌2歳S(G3)を快勝し、いきなり父に重賞勝利を届けた。410kg代と小柄な馬体だが、父譲りの勝負根性は必見。4か月ぶりのレースがどう影響するか。

 セレクトセールで1億円を超える高額で取引されたワーケアはハーツクライ産駒で、デビューから2戦2勝、すべて単勝1倍台と圧倒的な人気。鞍上のルメールも認めるダービー候補だ。

 オーソリティはオルフェーヴル産駒でこちらも2戦2勝の実績馬。サリオスで朝日杯FS(G1)を勝ったシルクレーシングが送り出す期待馬でもあり、今回の舞台である中山2000mを勝利している経験は大きい。

 ラインベックは父ディープインパクト母アパパネ母の父キングカメハメハという、金子オーナーが所有した三冠馬同士およびダービー馬という夢の血統。前走はコントレイルに完敗だったが、巻き返しに注目が集まる。

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?の画像3
G1馬を兄に持つ良血馬ヴェルトライゼンデ

 ヴェルトライゼンデは2歳王者ドリームジャーニー産駒で、ワールドプレミアとワールドエースの弟という血統。鞍上マーフィーの手腕にも注目が集まる。

 まさにハイレベル、そしてこの中から勝ち馬が出る公算が高いが、何が起こるのかわからないのが2歳戦の特徴。阪神JF(G1)は断然人気のリアアメリアが敗退し、朝日杯FS(G1)では14番人気のグランレイが3着となり波乱となった。ではこのホープフルS(G1)はどんなレースになるのか。そこで、あらゆる競馬情報に精通する「マスターズ」に最新情報を聞いた。

「様々な関係者の証言を元に、すでに1~3着馬候補は絞れています。その中には、マスコミや競馬ファンにとって意外と思われるような穴馬がいますね。近年でも稀に見るハイレベルな世代、誰が見てもクラシック級という実績馬の中で、このレースのために粛々と準備をしてきた陣営の執念は凄まじく、ファンが騒然とする衝撃の激走が見られるでしょう

 このレースは昨年も的中させていますが、関係者から聞いている情報的背景からも、アクシデントでも無い限り大丈夫といえるほどの自信を持っています。おそらくは確勝級の本命馬から、相手本線となるだろう陣営が秘策を持って臨む衝撃穴馬が激走すれば、3連単は少なく見積もって300倍、場合によっては1000倍以上の配当となってもおかしくはありません。

 今年は180本以上の万馬券を的中させましたが、1000倍を超える10万馬券も多く仕留めました。このホープフルSはそんな実績を超える歴史的な的中となるかもしれませんね。

 今回は2019年最後のG1レースということもあり、競馬ファンへこのホープフルSの核心情報を無料で公開します。最高の情報をそのままお届けしますので、ぜひ多くの人に利用していただければと思います」

 この話からも、今年のホープフルS(G1)は1000倍の10万馬券が飛び出す可能性が高い。そしてその穴馬を把握しているのはマスターズのみ。さらにマスターズはその穴馬情報を「無料公開」するというのだから、これは何をおいてもチェックすべき案件である。

 そもそもこのマスターズは、聞けば誰もが驚く競馬界の大物関係者が多数所属し、日本中の競馬施設にネットワークを構築、ありとあらゆる競馬情報が集まる体制が整っている。そして「馬主」「厩舎」「騎手」という競馬情報において最も重要な要素をしっかりおさえ、さらに現代競馬で勝つための鍵となる外厩(育成牧場)への情報収集もしっかりカバーしている。

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?の画像4
マスターズの情報で勝ち組が続出!

 人員不足に喘ぐ競馬マスコミが、やっとの思いで記事にする情報を工面している中、圧倒的な情報収集力を持つマスターズの情報は数多くの的中という形に表れている。実際にスポーツ紙や競馬専門紙が無印の人気薄馬を、マスターズが本命に指定し特大万馬券の的中という現場を何度も目撃している。これこそマスコミとマスターズの情報力の差といえるだろう。

 そんなマスターズが自信の提供を実施するホープフルS(G1)は必見だ。どんな情報を掴んでいるのか、ぜひ知りたいと感じた競馬ファンも多いはず。だが彼らが語ったように、マスターズはこのレースの内部情報を【無料公開】してくれるのだから安心していい。誰もが平等にこの情報を利用できるのだ。

 さらにマスターズでは、膨大な情報を競馬ファンに公開する無料コンテンツを多数用意している。中でも、必見の事前情報と話題の「追い切り注目馬X」、状態面に関するあらゆる側面を追い切りから判断した「秘密の万券ヤリ話」、出走する陣営の本音、中間の気配等などの現場レベルの情報を公開する「今週の重賞出走馬」は必見。また、平場戦の達人が提供する「朝イチ推奨馬券」も見逃せない。

 2019年も残りわずかとなったが、1週間もすれば2020年がスタートする。そして1月5日には早くも金杯が行われる。2020年こそ競馬の勝ち組になりたい、そう考えるならやはりマスターズを活用することが最短距離だろう。まずは今週のホープフルS(G1)で提供される無料情報を利用し、彼らの情報力をしっかりチェックしよう。

CLICK→無料公開!【ホープフルS・勝負馬券&東西金杯情報】マスターズ

※本稿はPR記事です。

【JRAホープフルS】来年の日本ダービー馬候補が登場!コントレイルVSワーケアの熱い戦い、割って入るのはブラックホール?それともあの超良血馬か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!